目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

ミニZ法(目頭切開)の失敗4つを抑えよう!

目頭切開は蒙古ひだと呼ばれる部分を切開し、目頭を内側に移動させる手術です。
目の横幅を大きくしたい、ぱっちりとした平行型二重にしたい、目と目の間隔が離れているのが気になるという方に適した手術です。
二重まぶたを形成する手術には埋没法があります。
埋没法は切開せずに糸で留めるだけなので、気軽に受けられるプチ整形として人気があります。
しかし、蒙古ヒダが張っている方の場合、埋没法では平行型の二重にするのが難しい場合があります。
目頭切開術をプラスして行うと目頭が内側に移動しますので、平行型の二重にすることができるのです。

目頭切開には、ミニZ法(目頭切開)、W型切開、リドレープ法があります。

ミニZ法(目頭切開)は、蒙古ひだの部分を切除するのではなく、Z型に切開し、皮膚を入替えます。
切開線は短くて済むことと、切開部にかかる力が小さいため、傷跡が目立たず、自然な目元に仕上がります。

局所麻酔で行われるため、手術の途中で目のサイズを鏡で確認しながら形成してもらうことも可能です。抜糸は5日から7日ほど経過してから行われます。抜糸後は、化粧なども普通に行うことができます。

そんなミニZ法(目頭切開)ですが、失敗することもあるのでしょうか。

口コミ

平行二重になりたくて、手術を希望しています。できればゆんころちゃんの様なパッチリ目に憧れています。東京で対応ができるクリニックはリッツ美容外科東京院や目白ポセンシアクリニックなどにおいて受けることと効きましたが腕はどうでしょうか?腫れはわずかであり、3日程度でほとんど腫れがなくなりますと言われました。

ミニZ法(目頭切開)の失敗

ミニZ法(目頭切開)の失敗例

蒙古襞によって目の横幅が狭く感じている人や、華やかな化粧映えがするようになる平行二重になりたい場合に適した切開方法で、一般的な術式よりも傷跡を目立たせない特徴があります。ミニZ法は皮膚を切り取らずに立体的にずらして入れ替え、縫合することで行われるため、切開線はとても小さくなります。手術時間も短くて済むため、負担もかからない方法です。

ですが、ここでは、ミニZ法で起こり得る失敗例について解説してまいります。

「平行二重にならない・末広のまま」

ミニZ法(目頭切開)には失敗例・致命的な欠点があります。

ミニZ法(目頭切開)は、蒙古ひだの皮膚を切除するのではなく、ずらして入れ替える方法です。
切除しないので、過剰なデザインにはならないため、失敗例としては、効果がなかった、元に戻ってしまった、手術したことが一目でわかる仕上がりになってしまった、などが挙げられます。また、左右の目頭の形に差異が出てしまうこともあります。

手術後に傷跡が目立つ

ミニZ法(目頭切開)を行って、手術後に傷跡が目立つというトラブルがあります。
これは医師の技術力が低かったことが原因の場合が多いです。

目頭切開を行うときには、医師の技術力が仕上がりを左右するポイントになります。
傷跡が残ってしまうと、元の状態に戻すことは困難なので、出来るだけリスクを回避できるような工夫を、最初から意識して行うことが大切です。
失敗しないためにも、医師選びを慎重に行いましょう。

後戻りしてしまう可能性

ミニZ法(目頭切開)では、医師の技術力が未熟な場合、きちんと切開できていなかったり、縫合不良によってもとの状態に戻ってしまう「後戻り」の症状が出る可能性があります。

後戻りの原因として、元の目の状態に対して、この手術が適していなかったという可能性もあります。
再度同じ手術を行うか、他の方法に切り替えて手術を行うかは慎重に話し合って決めたほうがよいでしょう。
手術を繰り返すことは負担も大きくなります。

平行二重にならない・末広のまま

ミニZ法(目頭切開)の手術後、二重のラインが平行二重にならない・末広のままの人もいます。
目頭切開手術を行うと、二重のラインが平行のくっきりとしたラインに変化しやすくなります。
しかしこれは全員に当てはまる症状ではなく、元の二重の形によっては効果が出ない場合もあります。
平行二重のために目頭切開を行うのであれば、事前に医師に相談して同時に他の手術を併用するかを決めていったほうがよいでしょう。

ミニZ法(目頭切開)の失敗

手術が上手なおすすめの名医とは?

ミニZ法(目頭切開)だけでなく、美容整形手術を行う時のおすすめとは、医師やクリニックのことをきちんと調べるということです。
美容整形手術は、医師の技術力や感性によって仕上がりが異なってきます。
自分の理想とするデザインを得意とする医師であれば、何度も手術を行わなくても、最初の1回で満足できる可能性があります。
症例写真などをチェックして、理想的な仕上がりを行っている医師を選ぶことが大切です。

希望通りの仕上がりとならなかった場合には、再手術となりますが、修正は手術そのものよりも難しくなりますので、初めから失敗しない名医を選択することが重要なポイントです。

執刀医のセンスと技術が仕上がりに表れてしまう手術です。
医師を選ぶ際にはミニZ法(目頭切開)の実績数が多いだけではなく、クオリティの高いミニZ法(目頭切開)の経験を積んでいる名医を選択する必要があります。
事前に十分なカウンセリングを行い、患者の希望を聞き出してくれるかどうかも重要な要素です。
目元は顔の中でも第一印象を左右するパーツですので、失敗しないドクターを選び、納得した上で手術を受けましょう。

ミニZ法(目頭切開)を受けるのであれば、上手い美容外科で行わないと後悔することになりかねませんから、クリニック選びは慎重に行うべきです。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*