目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

蒙古襞形成(目頭切開修正)のアフターケアって?

巷で人気のぷち整形。手頃な値段と日帰りでできる手軽さ、大胆な整形とは違い、自分の気になる箇所だけ行えるので簡単という事から、ぷち整形は年々利用者が増加しています。そんな中で人気なのが蒙古襞形成(目頭切開修正)です。アジア人特有の蒙古ひだを取り除き、ハーフタレントのような、ぱっちりした目にしたいという人に人気です。目と目が離れている、欧米人のようにハッキリとした顔つきにしたい、腫れぼったい目をスッキリさせたいという人にもお勧めです。まれに、傷跡が残ってしまったり、手術痕が盛り上がるなどのトラブルはあります。外から見えるような傷跡は消えることはありません。手術を受ける前に、きちんと医師からリスクの話を聞き、了承したうえで、施術を行うか判断しましょう。では、蒙古襞形成(目頭切開修正)を行ったあとの、アフターケアはどうすればいいか。きちんと守り、術後のマイナートラブルが起こらないようにしましょう。

蒙古襞形成(目頭切開修正)のアフターケア

術後のアフターケア対策は?

蒙古襞形成(目頭切開修正)を受けたときのアフターケア対策があります。慌てず、次の処置をしてください。まずは術後の3日間は冷たいタオルや柔らかくしたアイスノン、ビニール袋に氷水をいれたものを用意します。これらで局部を一日に何回かに別けて冷やします。内出血は腫れが引いたあとに蒸したタオルで温めます。内出血は温めると早く消失します。表情が豊かすぎると腫れやむくみの原因になります。更に泣くと余計腫れます。無表情が望ましいです。洗顔は目元以外なら大丈夫だが、抜糸を行うまで濡らさないこと。3日から5日まではシャワー浴が好ましいです。蒙古襞形成(目頭切開修正)手術を行った日の洗髪は可能です。その際に傷が濡れてしまっても問題ありません。入浴をすると血行が良くなって腫れる場合があるので、3日から5日までは控えること。タバコやお酒は1週間控えること(血行の関係)運動は1週間控えます。コンタクトの使用は、抜糸後からが望ましいです。食事は刺激物を控えましょう。以上の事を守って、トラブルが無いようにしましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*