目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

蒙古襞形成(目頭切開修正)の名医を選び抜くために必要な2つのこと

蒙古ひだとは、上まぶたの内側部分から目頭の部分にかけて覆いかぶさっている皮膚のことをさします。目頭切開を行う際にこの部分を切除するのですが、目頭切開により寄り目になってしまった人や生まれつき蒙古ひだが少ない人が蒙古襞形成(目頭切開修正)の適応の対象にになります。
目頭切開で目元のバラスンが崩れてしまったり、涙丘の部分が露出しすぎてしまった場合、再び蒙古ひだを形成していきます。

手術は、目頭から上まぶたにかけての皮膚を切開して、皮膚を広げて行きます。これにより一回り目と目の間が離れて目もと全体のバランスを整えることが出来ます。

蒙古襞形成(目頭切開修正)は、優しい目の印象にしたい人や半永久的な効果を望んで切る人にも向いていますが、手術が失敗してしまう可能性もゼロではありません。

蒙古襞形成(目頭切開修正)の名医を選び抜くために必要なことについてあらかじめ知っておき、高度な技術を持った経験の豊富な名医のもとで手術を受けることが大切です。

蒙古襞形成(目頭切開修正)の名医

症例数が多いことも名医を選ぶ上で重要

蒙古襞形成(目頭切開修正)は、目頭切開の修正として行われることが多いのですが、この手術では目頭周辺の皮膚の余っている部分を使用して手術を行います。その皮膚が少ない人や蒙古襞形成(目頭切開修正)をするのみでは目が小さく見えてしまいがちになる場合もあります。

名医を選び抜くためには、カウンセリング時に術後のイメージや術後のメンテナンスについてもしっかりと説明してくれる医師をみつけることが大切になります。目頭部分は、微妙な違いにより印象が変わってしまうため、高い技術を持っていることや症例数が多いことも名医を選ぶ上で重要になります。
手術は担当する医師の技術やクリニックの傾向によっても、術後の仕上がりが異なってきますので、失敗を避けるためには、事前のカウンセリングで自分のイメージを医師としっかり共有することも大切です。

当相談所では、症例数が多い経験な名医を紹介しています。この手術を検討されている方は、いつでもお気軽に御連絡下さい。

蒙古襞形成(目頭切開修正)の名医

蒙古襞形成(目頭切開修正)の評判が良いクリニック・美容外科はここ!

蒙古襞形成(目頭切開修正)は、上まぶたの内側から目頭部分にある蒙古襞という皮膚を形成する目の整形手術です。左右の目がバランスの取れた配置になり、優しい印象の目元になります。寄り目気味の人や、目頭が開き気味の人の他、目頭切開手術を受けたけれど元に戻したいという人にも適しています。手術では、目頭の部分の皮膚を切開し、希望のイメージに合わせて襞を作ります。そのため、丁寧にカウンセリングを行い、仕上がりのイメージを確認することができる病院を選ぶことが大切です。

蒙古襞形成(目頭切開修正)を行っている病院は、修正手術だけではなく、もともとの眼瞼形成に定評があるクリニックです。

仕上がりのイメージに基づき、経験と技術を備えた美容外科医が最適な施術法を選びます。後者は、丁寧にカウンセリングを行い、コンピューターで仕上がりイメージを確認することができます。また、手術中も手術後も患者さんの体にできるだけ負担をかけないような処置を行っています。

蒙古襞形成(目頭切開修正)の手術には、センスと微細な調整ができる技術が必要です。蒙古襞形成(目頭切開修正)の失敗やトラブルには、思った通りの仕上がりにならない、1度の手術では効果がない、傷痕が残る、目の形が変わる、感染するなどが想定されます。イメージ通りの仕上がりを実現するためには、評判が良く、優秀な美容外科医を選ぶことが大切です。また、カウンセリングをじっくりと行い、術後もアフターフォローをしてもらえることも欠かせない条件です。

蒙古襞形成(目頭切開修正)を行っている費用は病院によって様々ですが、大手Aクリニックは約40万円、個人院Bクリニックは約25万円で蒙古襞形成(目頭切開修正)を受けることができます。

あまりにも安い費用で行っている病院では、医師やスタッフ、衛生面、設備面で問題がある可能性があります。リスクを避けるためには、安いという理由だけで病院を選ぶことは避けましょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*