目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

蒙古襞形成(目頭切開修正)のリスクを知らないと怖い!

蒙古襞形成(目頭切開修正)とは、蒙古襞が全く無いことできつい印象になってしまう人や、目が寄り過ぎている人に効果のある手術です。それは、目頭から上まぶたにかけての部分の皮膚を逆Z型に切開し、目頭に被せるような感じで縫合して蒙古襞を作ることで、バランスの良い目元にするというものです。目頭切開によって蒙古襞を切除し過ぎた人が修正としてこの手術を受けることもあります。目頭切開は目と目の間が離れているのが気になる人や、ぱっちりとした大きい目に憧れる人には有効な手術ですが、その反面、やり過ぎるときつい印象になったり、違和感のある目元になってしまうこともあります。しかし、そんな目元も、蒙古襞形成(目頭切開修正)なら、バランスの良いパッチリとした可愛らしい目元に生まれ変わることが出来るのです。しかし、もしこの手術を受けたいのであれば、そこにはどんなリスクがあるのかという点についても念頭におく必要があります。

蒙古襞形成(目頭切開修正)のリスク

蒙古襞形成(目頭切開修正)のリスクとは?

蒙古襞形成(目頭切開修正)は、目頭切開で蒙古襞を切除しすぎた人や、目と目の間の間隔が狭くて目がよっているような印象を与えてしまう人にピッタリな手術ですが、そこにはいくつかリスクも存在します。それはまず、皮膚の量が少ないと、蒙古襞形成(目頭切開修正)の手術が希望通りに受けられないこともあるという点です。理想通りの蒙古襞を作るためには、ある程度の皮膚の量は必要です。しかし、皮膚の量が少ない人や目頭切開で蒙古襞を切除しすぎた人は、理想通りの形にするには皮膚の量が足りないこともあります。また、逆に蒙古襞を作り過ぎると皮膚が多くかぶり過ぎて、目の間隔が離れすぎることもあります。また、目頭切開で平行二重にした人は、皮膚が被ることによって末広型の二重になって、印象が変わることもあります。このように、蒙古襞修正(目頭切開修正)にはいくつかのリスクが伴います。それを回避するためには、医師との綿密なカウンセリングが大きな意味を持ちます。高いカウンセリング能力を持つ腕の良い名医を選ぶようにしましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*