目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

蒙古襞形成(目頭切開修正)の修正、大事なのはイメージの共有?

蒙古襞形成(目頭切開修正)は、きつい印象だった目をやさしい印象にすることができます。しかしただ単に印象だけで手術を依頼してしまうと、出来上がったイメージが自分の思い描いていたものとはまったく違うものになることもあるので注意が必要です。
そもそも、最初からどれくらいの蒙古ひだがあるのかもかなり個人差がありますし、蒙古襞形成(目頭切開修正)によって作った蒙古ひだも時間をかけて治っていく過程でその部分が縮むこともあり、完成してみるとかなり目頭の被りの部分が小さくなるケースもあります。
ですから蒙古襞形成(目頭切開修正) といっても、完璧に蒙古ひだの大きさや形を思い通りにできるわけではないので入念に医師とのカウンセリングをする必要があります。
また、目頭切開をしたものの思い通りにならずにその修正手術として受けられる方もいるため、南海にもわたる体やお金の不安を減らすという意味でもしっかり完成イメージを確認しましょう。

蒙古襞形成(目頭切開修正)の修正

離れすぎてしまっている目頭を修正

蒙古襞形成(目頭切開修正)をすると、より目がちだった両目を離すことができます。それによってどちらかというとやさしくて幼い印象になります。若い人なら思い通りのイメージになれるかもしれませんが、年齢をかさねてきたことで自分の理想イメージとは違ってくることもあります。そんなときには修正手術によって離れすぎてしまっている目頭を修正することもできます。この場合には、もういちど美容整形手術によって蒙古ひだを作る施術が行われます。ただ何度も修正ができるからと思っていても、手術によって傷痕は確実にふえてしまいますし、絶対に理想形になるともいいきれません。
もともと蒙古襞形成(目頭切開修正)は半永久的な効果が続く手術ですし、この先何度も無駄に手術を重ねたくない場合には、最初から少し先のことも見通してどのような年齢になっても好きでいられる範囲の理想イメージで蒙古襞形成(目頭切開修正)をしてもらうのがおすすめです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*