目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

涙袋形成のアフターケアとはどんな内容なのか

涙袋形成はメスを使わない、プチ整形の1つです。
目の下にヒアルロン酸を注入し涙袋を形成します。
ヒアルロン酸は注射器で注入するので、顔に傷跡が残るという事はありません。
施術後は注射針を刺した部分が、少し赤みを帯びたり皮膚に穴が開いてしまいますが、すぐに元に戻ります。
メスを使わないプチ整形という事もあり、ダウタイムは短めです。
施術後の腫れや痛みは、ほとんどありません。
もし、痛みが出てしまっても鎮痛剤で対処できる程度です。
稀に内出血が起きてしまう方もいますが、約2週間ほどで自然と消えて行きます。
アフターケアとしては、マッサージを行わないという事が大切です。
ヒアルロン酸が定着する約1週間から2週間の間に、目の周りをマッサージしてしまうと、せっかく注入したヒアルロン酸が流れてしまうのです。
もし痛みが出てしまっている場合は、冷やしたタオルなどでケアすると和らぎます。
涙袋形成は特別なアフターケアを、行う必要はほとんどありません。

涙袋形成のアフターケア

涙袋形成における施術後のアフターケア

涙袋形成は施術後のアフターケアが、ほとんど必要ないプチ整形です。
シャワーは当日から可能となっています。
もし、痛みが出た場合は冷やしたり、鎮痛剤を飲むなどのケアを行いましょう。
ただ、アフターケアはほとんど必要ないものの、施術を行う医師によってはダウンタイムが長引く恐れがある為、この点は注意が必要です。
注射器を使うプチ整形ですので、医師の技術によっては内出血が強く出てしまう恐れがあるのです。
また、涙袋形成をはじめとする注入系のプチ整形は、医師の技術の差が大きく見た目に現れます。
未熟な医師が施術を行った場合、ヒアルロン酸を注入する量や位置を間違えて、失敗してしまうリスクがあるのです。
プチ整形ではありますが、このようなリスクもある事を考慮し、医師選びは十分に行いましょう。
当相談所では涙袋形成の、名医と言われる医師をご紹介しています。
医師選びに迷っているという方は、当相談所にご気軽にご相談ください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*