目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

涙袋形成のリスクをしっかりと理解しておこう

涙袋形成とは、下まつげの部分に膨らみを形成する美容整形です。涙袋とは下まつげのすぐ下の部分のことであり、ここは別名「ホルモンタンク」とも呼ばれています。主に眼輪筋の膨らみによって形成されています。涙袋を形成する方法は、ヒアルロン酸注入法・脂肪注入法・PRP注入法などが存在していますが、ほとんどのクリニックでは、ヒアルロン酸注入が主流になっています。涙袋が膨らんでいると色っぽく見えますし、可愛らしさや愛らしさも出すことも出来ます。それに、下まぶたにハリが出ることで小じわを解消して若々しく見せる効果もあります。ヒアルロン酸注入は注射のみで完了します。たった10分程で終わるプチ整形なので、手軽に始めることが出来ます。涙袋形成は、手軽に印象的な笑顔の可愛らしい目元が作れると人気がある施術です。しかし、いくら手軽なプチ整形でも、その施術にどんなリスクが存在しているのかを把握しておくことは、とても重要なことです。

涙袋形成のリスク

半永久的に持続させることは不可能

ヒアルロン酸注入による涙袋形成の場合は、手軽なプチ整形であるため、半永久的に持続させることは不可能です。体内に少しずつ吸収されていくため、数か月から1年間ほどで元に戻ってしまいます。膨らみを持続させるためには、定期的に通い続けなければならないので、注射の費用と通い続ける手間と時間がかかります。そして、涙袋形成に失敗すると、膨らみの部分が凸凹したり引きつったりするリスクも存在します。また、目の下にクマがある状態のまま施術を受けると、涙袋とクマの膨らみとが繋がってしまい、クマが広がってしまうというリスクもあります。目の下にクマがある方は、涙袋形成の施術を受ける前に目の下のクマを治療する必要があります。そして、担当の医師と本人との間で、理想の膨らみ方のデザインの認識に違いがあると理想通りの目元にならないこともあります。それを防ぐためにも、事前にしっかりと医師と仕上がりのイメージを共有しましょう。また、目元は元々皮膚が薄くてデリケートな部分なので、高い注入技術を持つ名医を探すと安心して施術が受けられます。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*