目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

リドレープ法(目頭切開)の仕上がりはアフターケアで変わる?

リドレープ法(目頭切開)は、目頭にある蒙古ひだという部分を切開することで、目元の印象を大きく変えることができる美容整形手術の方法です。
蒙古ひだはアジア人に多くみられる特徴で、このひだにより目頭が隠れてしまっていると、目が小さく見えてしまったり、目が離れて見えてしまうというデメリットがあります。
このようなことがコンプレックスな人にはとても効果的な手術方法です。
リドレープ法(目頭切開)は、目頭切開手術の中でも、切開する部分が小さいのが特徴です。
そのため、傷跡が目立たず優しい印象の目元を作り上げることが出来ます。
傷が小さい分アフターケアも軽減されることが特徴です。
優しい印象を与えるような、横長の二重になるので、希望するデザインに合った手術方法か、医師とカウンセリング時にきちんと話しておいたほうが良いでしょう。
ぱっちりとした幅の広い二重を希望してる場合には、同じ目頭切開手術でも、W法やZ法と呼ばれる別の方法があるので、そちらもチェックしてみましょう。

リドレープ法(目頭切開)のアフターケア

抜糸まで1週間程度、その後鎮静に1週間程度

リドレープ法(目頭切開)は、目頭切開手術の中でも、切開する部分が小さく、傷口も小さく済むのが特徴です。
そのため、ダウンタイムとして、抜糸まで1週間程度、その後鎮静に1週間程度の時間を目安にしておくとよいでしょう。
リドレープ法(目頭切開)のアフターケアとしては、クリニックにより多少異なりますが、多くの場合が痛みを和らげるための鎮痛剤が処方されます。
切開手術は麻酔が切れると痛みが発生するので、無理をせずに処方された鎮痛剤を上手に使って、痛みを乗り切りましょう。
リドレープ法(目頭切開)のみの手術の場合、腫れもあまりひどくありませんが、もし腫れがひどい場合には、アイシングなどをして冷やしましょう。
血行をよくしてしまう激しい運動や長時間の入浴などは傷口に影響があるので避けましょう。
アフターケアをきちんとすることで、傷口の治りも早く、傷跡がきれいになるので医師の指示にきちんと従って、正しいケアを行いましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*