目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

リドレープ法(目頭切開)の効果2つをまとめてみた

現在、目を大きく見せる美容整形手術において、リドレープ法(目頭切開)が多く行われています。リドレープ法(目頭切開)は、比較的知名度のある施術なので、名称を知っているという人も多いことでしょう。そもそもリドレープ法(目頭切開)とは、目頭にあるを切って、目の内側を覆い隠している蒙古襞という部分を取り除く手術のことを指します。この施術を行うことによって、目と目の距離が縮まって、はっきりとメリハリのある顔立ちになることができます。目と目の間が離れているのがコンプレックスだという人や、目をより大きくしたいと考えている人にはぴったりの施術だと言うことができるでしょう。目頭切開の中でも、特にリドレープ法は、通常の施術よりも控えめに切開を行うので、傷跡が比較的小さく目立ちにくいなどのメリットがあります。しかし、高い効果ゆえに、リスクも存在しているので、十分に理解した上で施術を受けるようにすることが大切です。

リドレープ法(目頭切開)の効果

自然な二重瞼が作れる

目がぱっちりと大きいと、かわいらしい印象やきれいな印象になり、アイメイクが映えるようになるため、目の形を整える整形手術が注目されています。目の整形というと、二重にするプチ整形を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、最近流行しているのが目頭切開です。目頭切開は、目頭の部分にある東洋人特有の蒙古ひだを開く施術で、目の幅が大きくなり、目の間隔も少し近づくため、ぱっちりとした印象的な瞳になることができるところが人気の理由です。

大きくて印象的な目になるために目頭切開を受ける場合、いろいろな方法があるので、迷ってしまうことがありますが、傷跡が目立ちにくく、自然な仕上がりで、最近選ぶ人が増えているのがリドレープ法(目頭切開)です。リドレープ法(目頭切開)は、目頭にある蒙古ひだの部分を少しだけ切って縫合して、目頭の開きを大きくする手術で、切開する部分が短く、皮膚を取り除いてしまわないため、自然な仕上がりになることが特徴です。

傷口が目立ちにくい手術ですが、繊細な作業が必要になるため、失敗を防ぐためには、腕の良いドクターがいる評判の良いクリニックを選択することがポイントになります。

目が大きく見える効果

具体的に、リドレープ法(目頭切開)にはどのような効果があるのでしょうか。
まず、目が大きく見えるという点が挙げられます。また、目と目の間が近く見えるようになるので、メリハリのある顔立ちとなります。目と目の間が離れすぎていると、ぼんやりとした印象を与えがちですが、この施術を行うことによってはっきりとした顔立ちを作ることが期待できます。

また、二重のラインがより広がるという効果もあります。腫れぼったい一重で悩んでいるという時でも、優しい自然な二重になることができます。子供っぽい顔立ちだった人でも、大人っぽく見えるようになるでしょう。

このように、リドレープ法(目頭切開)には、さまざまな良い効果があります。しかし、技術や経験をあまり持っていない医師に手術を依頼すると、思わぬトラブルや手術の失敗などのリスクがあります。できるだけ、実績のある名医に依頼するようにしましょう。名医を探しているという時は、お気軽にご相談ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*