目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

リドレープ法(目頭切開)の名医を選択するには

目頭切開は日本人の目がしらにある蒙古ひだと呼ばれる部分を切開し、目を横に大きく見せるための手術です。
目を大きく見せたい、目と目の距離が離れているのが気になるといった方に向いている手術です。
目の横幅が広がり、目元の引き締まった知的で美しい印象になります。
目と目が離れていると幼く見えるので、この手術で大人っぽい雰囲気になることができます。
また、腫れぼったい目も改善されるので、ハッキリとした顔だちになります。
目頭切開の手術はZ法、W法、リドレープ法(目頭切開)の3つの種類があります。
Z法は目頭の蒙古ひだをZ型に切開する術式で、W法はW型に切開し、皮膚を取り除く手術です。
リドレープ法(目頭切開)は末広型の二重まぶたが作りやすく、Z法に比べて傷跡が目立たないというメリットがあります。
また、仕上がりも自然になると言われています。
現在行われている目頭切開は、Z法、W法がほとんどで、リドレープ法(目頭切開)は症例数が少ない状況です。
この為、名医と言われる医師の数は限られています。

リドレープ法(目頭切開)の名医

口コミから見る、リドレープ法(目頭切開)の評判が良い美容外科の治療

専門の評判が良い美容外科では、目の形を変えるための手術を複数行っていて、患者が希望する目の形に仕上げるための手術をきちんと選んでもらうことができるため、治療法に関する知識があまりない人の場合でも、おすすめすることができます。メスを使う方法以外の治療の選択肢も用意されていて、場合によっては治療法を変えてもらうこともでき、満足ができるような内容のものにしやすくなっているため、たくさんの人が治療をしています。

ちなみに注入治療なども、目以外の部分を治療してもらうことで、目の形や印象を変えるような治療をしてもらうこともでき、きれいな顔にしてもらえるので、人気があります。日帰りでの治療プランがたくさんあり、遠方からも通って治療を行いやすくなっているため、多くの人が訪れています。リドレープ法(目頭切開)は、目を大きく開けられるような状態にする治療方法になっています。

手術時間が短いので気軽に受けることができます

リドレープ法(目頭切開)は、麻酔をしたうえで、デザインに沿って目頭から内側の眼瞼縁までの皮膚を切開します。
その後、縫合をして、引きつれを予防するために剥離を進めます。最後に止血して縫合して終了となります。

リドレープ法(目頭切開)は、手術時間が短いので、気軽に受けることができます。
ダウンタイムには個人差がありますが、腫れは3日~1週間ほどで治まると言われています。
メイクは当日から可能ですが、手術した目元のメイクは腫れが引くまでは避ける必要があります。
シャワーも当日から浴びることができます。

この手術の失敗例としては、左右の目頭の形に差異ができてしまった、切りすぎて目頭が見え過ぎてしまった、開きが足りない、傷跡が目立つなどです。
リドレープ法(目頭切開)は、症例数が少ない為に名医と言われる医師は限られています。
十分なカウンセリングを行い、切る目頭の量をきちんと把握した上で、確かな技術で治療してくれる医師を選ぶことが大切です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*