目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆さまつげ整形のアフターケアで気にすべきこととは

逆さまつげ整形の治療には、埋没法や切開法での治療というものがあります。
この逆さまつげが気になって目をこすってしまったりすると、まぶたや眼球の角膜が炎症を起こしてしまう可能性もあるので、どんなにかゆみや痛みを感じても、触らないようにしなければいけないのです。炎症を起こしてしまうと、まぶたの皮膚に厚みが出てきてしまったり、たるみが出てきてしまったりするといいます。
なので、逆さまつげ整形は芽を守るためにも必要な治療であり、きちんと専門の医師のもとで治療を行うことが大切です。

まず、逆さまつげを切開法による手術で改善するときには、目の下縁を必要な分だけ取り除きます。下まつ毛の場合は、まつ毛の生え際を切開して、皮膚と眼輪筋という部分の余分な組織を切除していきます。
逆さまつげの治療はアフターケアもしっかりと行うことが大切なので、技術の高いドクターを選ぶようにしておくといいです。切開の後もきちんとアフターケアを行うことで傷跡もきれいになります。

逆さまつげ整形のアフターケア

術後の抜糸は大体1週間以内

逆さまつげ整形は、その人の体質などによってその経過が変わるといいます。
手術時間は医師によって変わりますが、長い時間をかけているからと言って上手とは言えないということは理解しておかなければいけないです。術後の抜糸は、大体1週間以内に行うクリニックがほとんどです。
術後でもすぐに目元以外はお化粧をすることは可能です。抜糸をした後は、お化粧をしても大丈夫です。目元の腫れやむくみは1週間から2週間で解消されるといいます。また、内出血になってしまう場合もありますが、コンシーラーを使えば隠せる程度です。自然と1週間前後で体内に吸収されていくのであまり気にしすぎなくていいです。

逆さまつげ整形のダウンタイム期間に痛みを感じる人もいますが、そのような場合は、アイスパックや冷えたタオルなどでそっと冷やすようにすると、痛みが多少治まります。アフターケアのひとつとして、クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されるので、痛みを強く感じる前に飲むようにするといいです。ダウンタイム期間は、処方された痛み止めを飲んでいれば痛みは和らぐので大丈夫です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*