目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆さまつげ整形の効果に期待できることとは?

長いあいだ「逆さまつげ」に悩まされている人も多いことでしょう。自分で抜いたりビューラーでクセをつけたりして一時的に改善させる方法もありますが、根本的な解決にはなりません。そこで逆さまつげ整形という手段があります。逆さまつげ整形は、まつげが皮膚の厚みによって目の側に押されてしまい、眼球に向かって当たるようになっている状態を改善するために行われる手術です。逆さまつげは、上のまつげが下向きに生え、下のまつげが上向きとなって生えているために、そのままの状態にしておくとまつげが角膜を傷つけてしまい、眼病を引き起こすきっかけになります。また常にチクチクとした痛みを目に感じるために大変不快であり、美容上も目元が暗くてハッキリとしない印象を与えてしまいます。さらに、目が実際の大きさよりも小さく見える原因にもなります。
逆さまつげ整形は、それらの問題を解決して、目元を明るく華やかな印象を与える効果が期待できます。同時に角膜が傷つくのを防ぐことができます。
まぶたやまつげの状態によって、どのような方法で手術となるかは異なりますので、手術を受ける前に必ず医師とよく相談することが必要です。

逆さまつげ整形の効果

二重まぶた整形と同じように複数の方法があります

逆さまつげ整形は二重まぶた整形と同じように複数の方法があります。
一つは、まつげの生え際の数ミリを切り、厚みを持った皮膚を取り去ってから形成外科的な縫合するという手術方法です。それによってまつげの生える方向を外側に向けることができ、目元をハッキリとさせる効果があるとされます。皮膚切開の際には麻酔がかけられますので、手術中の痛みを感じる可能性は低いと言えます。切開場所の縫合は、かなり細い形成外科的な糸を使用する場合がほとんどですので、跡もほとんどわからない状態にできるようです。
もう一つは皮膚の切開を行わずに、糸を通して縫いとめるという埋没法と呼ばれる手術方法です。この方法により、同時に二重まぶたにする人も多いと言われます。皮膚の切開を行わないために、より傷口は目立たなくなります。
逆さまつげ整形を考えている人は、それぞれの方法をしっかり理解し、整形の効果や手術のリスクについて医師と相談し納得した上で手術を受けましょう。当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご相談ください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*