目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆さまつげ整形するメリットって?

逆さまつげは、奥目の人に多く、瞼の皮膚の厚みに押されて、まつげが眼球にあたる状態です。この逆さまつげの状態は、眼球の角膜を傷つけるため、早期の改善が必要となってきます。
逆さまつげ整形は、まつげの生え際で皮膚や眼輪筋を数ミリ切開し、形成外科的縫合を行います。この逆さまつげ整形手術によって、眼球角膜に傷を付けることがなくなり、また眼がぱっちりとするので、明るい印象を与えるメリットもあります。

逆さまつげの手術は、何科に行けばいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
目は顔の中でも重要な部位ですから、美容的にもきれいに仕上がるよう、配慮する必要があります。美容的におすすめなのは、美容外科経験が豊富な形成外科医の治療を受けることが一番です。
特に難しい手術ではないので、眼科でも行えますが、奥が深い手術ともいえ、どの暗いの幅にするか、留める糸の太さをどうするかなど、経験がものをいいます。そのため、美容外科や形成外科の経験が豊富な医師に任す方が、安心です。

逆さまつげ整形のメリット

睫毛乱生は、手術の対象とならない場合がある

逆さまつげには、眼瞼内反症と睫毛乱生があり、眼瞼内内症は手術の対象となりますが、睫毛乱生は、手術の対象とならない場合があります。
上瞼の逆さまつげは、二重にすることで改善し、健康保険が適用されますが、下まぶた逆さまつげの場合には、保険適用外となる場合があります。

眼科でも逆さまつげの手術を受けることができますが、眼科は目の専門家ですから、二重ラインの形や左右差の調整などの細かいディテールは、形成外科や美容外科の経験が必要となってきます。
逆さまつげ整形には、埋没法や切開法の治療があります。
逆さまつげを放置していると、眼球の角膜が傷ついて炎症を起こす可能性があるので、なるべく早期に治療を行うことが重要です。
逆さまつげの人は、瞼が腫れぼったく、暗い印象を与えてしまいますが、逆さまつげ整形手術を受けることで、目がぱっちりし、明るい印象を与えることができるというメリットもあります。
切開法は傷跡が残りますが、技術の高い医師を選ぶことで、傷跡がほとんどわからなくなるので、安心です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*