目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆さまつげ整形のリスクとオススメ2項目

逆さまつげとは、まつげが通常とは逆の方向に向かって生えた状態のことをいいます。まつげには外界から眼に塵や埃が入るのを防ぐ役割があり、通常は眼の周辺の内側から外側に向けて生えてきますが、逆さまつげでは何らかの原因により、まつげが外側から内側へと生えた状態となります。この状態ではまつげが眼球に触れることになるため、眼に痛みを感じたり炎症が起こるといった影響があるほか、マスカラやエクステンションを利用できなかったり、目元がぱっちりとして見えないなど、美容面への悪影響もあります。逆さまつげはたまたま逆方向にまつげが生えることで起こるものではないため、そのまつげを抜いたとしても再び同じ状態が起こり、根本的な解決とはなりません。そのため、逆さまつげを解消するためには、美容クリニックなどで逆さまつげ整形の手術を受けるのが有効です。ただし、逆さまつげ整形はそれほど大掛かりな手術ではありませんが、手術を受ける前にはそのリスクについて知っておく必要があります。

逆さまつげ整形のリスク

主に埋没法と呼ばれる手法を用いるのが一般的

逆さまつげ整形の手術では、主に埋没法と呼ばれる手法を用いるのが一般的です。瞼の手術では、メスによって瞼を切開するものが多いですが、埋没法ではメスによる瞼の切開は行わず、細い糸で瞼を数か所縫うことで、逆さまつげが眼に入らないように瞼の位置を調整します。埋没法による逆さまつげ整形は切開を行わないため、一般的なまぶたの手術よりも失敗や後遺症の可能性は大きくありませんが、それでも外科的手術を行うことに変わりはないため、一定のリスクは存在します。

その代表的なものとしては、施術後に糸が残ってしまう可能性が挙げられます。手術には専用の特殊な細い糸が使われるため、手術の直後でもそれが外部から目立つことはありませんが、抜糸の際に瞼の内部に糸の一部が残ってしまう場合があり、それが原因で瞼が炎症を起こす可能性があります。また、二重まぶたを作る手術などで埋没法を繰り返し行った場合、内部に糸が残る可能性はさらに高まるため、手術を受ける際にはそうした点についても注意しておく必要があります。

逆さまつげ整形のリスク

逆さまつげ整形で評判の良い美容外科教えます!

まぶたの厚みや形状などによって、まつ毛が外向きではなく眼球側を向いて伸びてしまうことがあり、放置してしまうと異物感があったり眼球の表面が傷つき、痛みや痒み、しみるなどといった症状が出て、視力低下につながることもあります。
まつげが内反している部分の皮膚を切開して、余分な組織を切除した後縫合することでまつげの向きを正常に戻すことができます。

上まぶただけでなく下まぶたにもできる人がいますし、人によっては部分的ではなくほとんどのまつげが乱雑に生えてしまっている人もいるので、しっかりと見極めて手術を行ってもらう必要があります。入院する必要がなく、多少の腫れがあっても翌日から仕事などにも行くことが可能です。両目に症状があるときには、両目一緒に手術するか、片目ずつにするか医師と話し合って決めておくと良いです。

逆さまつげ整形は保険診療でも受けることが可能なため、安いところでは両目で15,000円ほどの費用で行うことができます。下まぶたのまつげや埋没法などによる施術、難症例の場合には保険診療の適用外になり、100,000円ほど費用がかかることがあります。

まぶたの構造に適して皮膚や組織の切り取りが行われないと状態が改善しなかったり、まぶたの機能が弱まり目を閉じにくくなる、眼球を傷つけてしまう、まぶたの形状がおかしくなって視野が狭くなるなどの失敗をすることがあります。切開する治療法を選択した場合、抜糸などが必要になります。逆さまつげ整形は色んなアプローチの仕方があるため、保険診療で済む症状の人に対しても高い手術を勧める医師もいるのでクリニック選びは大切です。

少しでもリスクを避けるなら、手術の取扱件数が多くなっている評判のクリニックを選ぶようにすれば、技術のある医師に行ってもらうことができて、逆さまつげを改善できる期待が持てます。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*