目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆さまつげ整形の修正はどこですればいい?

逆さまつげにお困りではないですか?ゴミが入っているわけでもないのに、なぜだか目がゴロゴロする。そんな症状を抱えている方は、逆さまつげ整形をお勧めします。通常まつげは、目から離れる方向へ反り返っており、外側を向いているため眼球に触れることはありません。本来まつげには、埃などの異物から眼球を守る大切な役割があるわけですが、逆さまつげになると、眼球を守るはずのまつげが眼球を傷つけることになります。そこで、逆さまつげ整形や修正などの治療が必要となってきます。逆まつげには、二つの種類があるとされています。まぶた自体が内向きにまくれ込んでおり、それによってまつげが眼球方向へ向いてしまっているもの、まぶたには問題はなく、毛根からのまつげの生え方が外向きではなく内に向いた生え方をしてしまっいるものです。また、逆まつげの原因にかんしては、先天的なもの後天的なもの二つの場合があります。自分がどのタイプの逆まつげなのかを正確に把握し、治療に臨むことが大切だと思います。

逆さまつげ整形の修正

治療法について

逆さまつげ整形、修正と聞くと、目の周囲のため怖いと感じる方も少なくないと思います。ここで治療法について触れたいと思います。まず最初にやりがちなのは、自分でまつげを抜く方法です。当然眼球に当たっている原因を抜くので症状は消失しますが、すぐに生えてくるので繰り返さなければならず、炎症を起こす可能性があるため、有用とは言い難いです。次にまつげが外側に向かうようにビューラーやパーマなどで、強制的にまつげの方向を外向きに修正する方法です。ある程度時間がたつと戻ってしまうため、定期的に行う必要があると言えます。もっとも効果的な方法は逆さまつげ整形の手術を行うことです。手術にも種類があり、レーザー脱毛を行うことで、毛根をレーザーで焼くことで脱毛後に逆さまつげが生えることを抑制します。次に、瞼を改善させることで、逆さまつ毛の改善を目的とした二重整形術です。症状が重い場合には皮膚切開による手術を行う場合もありますが、傷跡も目立たず治癒することがほとんどです。ただ、手術を行い、身体を触る以上リスクも考えていなければなりません。納得したうえで治療に進めることが大切ですので、しっかり相談していきましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*