目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

信州大式 眼瞼下垂のアフターケアで気をつけるポイントは?

信州大式 眼瞼下垂は、まぶたが下がってしまっていることに悩んでいる人にはとても有効な治療法となっています。この信州大式 眼瞼下垂を受けた時には、2週間はしっかりとアフターケアをすることも大切です。理想的な状態にするためにも、自分でもケアをしていきましょう。このアフターケアで大切なのが、処方された内服薬を確実に服用したり、安静に保つという2点が挙げられます。術後は痛みや腫れなどを伴います。そのため、処方された内服薬を利用することで、その痛みや腫れを抑えることができ、術後も快適な生活を送ることにつながります。また、安静に保つということはとても重要です。病気などの手術とは違い、無理をすれば激しい運動をすることも可能です。しかし、いつも通りの生活をしてしまうことにより、痛みや腫れなどの症状が強く出てしまうことがあります。病気などの手術をした時と同じように、少なくとも2週間は安静に生活をすることがアフターケアでは大切です。

信州大式 眼瞼下垂のアフターケア

術後のアフターケアは?

信州大式 眼瞼下垂の手術後、安静を保つことが大切と言われても具体的にはどうしたらいいのかと思う人もいるのではないでしょうか。日常生活の中で負担をかける原因として挙げられるのが、お風呂や洗顔、運動などです。寒い冬には熱いお風呂につかり、体を温めたいものです。しかし、熱いお風呂に長時間浸かることにより、血流が良くなってしまい痛みや腫れが強く出てしまいます。アフターケアでは、温めるよりも冷やすことが大切です。痛みや腫れなどが強く出た時には、保冷材などをタオルで巻いて、患部を冷やしてあげることが大切になります。また、術後は、患部を濡らさないことも大切です。洗顔では、患部を塗らさないように、上手く洗顔するようにしましょう。運動も血流を良くする原因となることから、激しい運動は避け、できるだけゆっくりと動くことをおすすめします。信州大式 眼瞼下垂の手術を受けた後は、自分でもしっかりとアフターケアをしていきましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*