目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

信州大式 眼瞼下垂の効果2つまとめ

信州大式 眼瞼下垂とは、挙筋前転法とも言われる眼瞼下垂に対する手術法です。信州大学の松尾教授が提唱した手術法なので、松尾式と呼ばれることもあります。
眼瞼下垂とはまぶたがしっかりと開かず、目にかかってしまう状態を言い、先天的に瞼の筋肉が弱い人や加齢やコンタクトの長期使用による瞼の衰えなどによる後天性のものがあります。

上まぶたには眼瞼挙筋とよばれる筋肉があり、この筋肉は目の淵にある瞼板とくっついた状態にあり、筋肉が収縮することにより目の開け閉めがされます。眼瞼挙筋と瞼板は挙筋腱膜によりくっついているのですが、この挙筋腱膜が緩むことで目の開閉がうまく行えなくなります。

信州大式 眼瞼下垂はこの緩んだ挙筋腱膜を適当な長さに短縮して瞼板に固定させ、余った腱膜部分を切除するという手術法で、従来行われてきた眼瞼下垂の手術方法と比較して大変効果的と言われているのですが、そのメリットを詳しくみていきたいと思います。

信州大式 眼瞼下垂の効果2つまとめ

頭痛や肩凝りの解消

日本人はもともと瞼が厚ぼったくて重たい人が多く、生まれつき瞼が下がっているケース以外に加齢によって皮膚がたるむことで瞼が下がってくる症状も多く見られます。重い瞼は目が小さく見えたり外見に影響するだけでなく、最近の研究では頭痛や肩凝り、精神病など様々な症状を引き起こす原因になることも知られているので治療をして若々しく健康な生活をしたいという人も増えています。

腱膜を固定することで瞼が垂れ下がって重くなるのを防ぎ、瞼がしっかり開くのを妨げている部分があれば切り取ったり外角を切り離すなど個人に合った方法で最適な施術が行われます。特に加齢でたるみがひどい場合には皮膚を大きく切り取る必要もあるので熟練した医者のいる医院へ行きましょう。

信州大式眼瞼下垂を受けるなら評判のよい医者がいる美容外科でしっかりとカウンセリングを受けて、どの方法が一番適しているかを見極めることが必要です。成功すれば半永久的に効果が持続して、目元がすっきり明るくなるだけでなく今まで悩んでいた原因不明の頭痛や肩凝りなど体の不調も改善されるので美容と健康に有効な手術です。

信州大式 眼瞼下垂の効果

同時に二重瞼形成術を行うことができるのも特徴

従来行われてきた眼瞼下垂の手術方法では、上瞼を切開し、挙筋腱膜を切って縫い合わせるという方法でした。

しかし、上瞼には自律神経に大きく関係するミューラー筋という筋肉が存在します。挙筋腱膜を切除する際にミューラー筋を刺激してしまうため、術後の片頭痛や肩こりなど様々な体調不良につながり、回復にも時間を費やしました。

しかし、信州大式 眼瞼下垂は挙筋腱膜を切除するといっても瞼板に固定した部分からはみ出した分を切除するだけなので、ミューラー筋を傷つけることは一切なく、術後の回復効果がとても健全で高いというメリットがあります。また、信州大式 眼瞼下垂の場合は同時に二重瞼形成術を行うことができるのも特徴です。

信州大式 眼瞼下垂は今や眼瞼下垂に対する手術の中ではメジャーな存在ではありますが、高度な技術を要する手術です。医師の技術の高さにより術後の経過に差が出るものなので、信頼できる医師の元で手術を受けることが重要です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*