目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

信州大式 眼瞼下垂の料金相場って?

信州大式 眼瞼下垂とは、信州大学病院の松尾教授が広めたことから松尾式治療法とも呼ばれていますが、先天性眼瞼下垂は、生まれつき眼瞼拳筋=瞼を持ちあげる筋肉が弱く瞼が瞳孔の上まで上がらない状態のことをいいます。後天性眼瞼下垂は、コンタクトレンズによる刺激や老化などが原因となって眼瞼拳筋が衰えてしまった状態のことをいいます。こうした眼瞼下垂の治療は信州大式 眼瞼下垂による美容整形術が非常に効果的だといえます。そこで、信州大式 眼瞼下垂のメリットや効果、デメリットやリスク、特に料金相場を事前に知っておくことは大切なことだといえます。眼瞼下垂治療の失敗の可能性はゼロだとはいえませんので、出来るだけ失敗を防ぐことができるように正しい治療法で、はっきりと効果のある施術を行うために正しい料金相場などを知った上でクリニック選びを行うことは、術後のトラブルを未然に防ぐのに必要なことですから是非参考にしてみて下さい。

信州大式 眼瞼下垂の料金相場

皮膚に傷跡がつかず、腫れが最小限で行える

信州大式 眼瞼下垂の治療法は同じ眼瞼下垂の手術の中で、拳筋短縮、ミュラータッキングの違いとして、腱膜前転であれば、術後に筋肉が避けて緩んでしまうことを避けることができる点です。また、腱膜を使って眼瞼下垂をすると、開きの強さも調整することができるため、美容目的で細部までこだわって治療することができます。皮膚に傷跡がつかず、腫れが最小限で行えるというメリットもあります。デメリットやリスクとしてあげられるのは、非常に高度な技術を必要としますので、高度の技術と同時に医師の経験も施術を成功させる大きな要素となってきます。信州大式 眼瞼下垂の料金相場としては、自費診療の場合、50万円~70万円前後をひとつの目安としてください。重度の眼瞼下垂の場合では、クリニックによって保険適用が可能な場合もあります。このようにクリニックによって料金体系が違ったり、高度な技術と経験が必要な施術ですから、失敗のリスクを最小限に抑えるため、当相談所で名医の紹介を行っていますので、是非一度お気軽に相談してください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*