目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

信州大式 眼瞼下垂の修正に必要なものとは

信州大式 眼瞼下垂は、腫れぼったいまぶたをすっきりとさせたり目を大きく見せることができますが、熟練した技術が必要な手術といえます。たとえば糸を埋め込んでぱっちり二重を作るような手術ではなく、実際に皮膚をメスで切除し、場合によっては中にある余計な脂肪を取り除いたりすることもあります。さらにまぶたの筋膜を短縮させるようなかたちで縫い付けていき、まぶたの開き具合を何度も確認しながら最後に皮膚、筋膜を縫い合わせて行って二重を作る手術となります。これだけ見てもかなりの手順を踏まなくてはならないので、経験や技術が要求されることがわかるでしょう。
これだけ手の込んだ信州大式 眼瞼下垂ですが、まぶたの下垂や頭痛などの症状がひどければ保険を使ってできる場合もあり、金銭的にも手軽になるため受ける方も多いですが、もしも技術が不足している医師に依頼してしまえば、もちろん理想的な仕上がりにできないこともあり、修正が必要となります。

信州大式 眼瞼下垂の修正

保険適応の信州大式 眼瞼下垂手術

信州大式 眼瞼下垂の修正手術は、もちろん自費治療となってしまいます。ですからまぶたが重く、そのせいで肩こりや頭痛に悩まされていると保険適応の信州大式 眼瞼下垂手術に飛びつきがちですが、万一修正が必要となればさらに多額の手術費用が必要となるので最初のクリニック選びは慎重にしなくてはなりません。
信州大式 眼瞼下垂の手術においては、手術の最中に目を開けつつどれくらいの目の開き具合になるかを調整しながら 行われますが、当然手術をしてる時には麻酔がきいた状態になっています。ですから無意識のうちに目を開けたと思っていても普段の目の開き具合とは違っていることもあるので、左右で目の開き具合が違うことも起こりえます。さらに、短縮させた筋膜が避けたり、糸が切れたりして左右に差が生まれることもあります。
こういった修正が必要な場合には、さらに埋没法や切開法によってもう一度まぶたに傷を作りまぶたや二重のラインの調整をしていくことになります。いずれにしろ、医師には十分な技術が必要となります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*