目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

小切開のあまり知られていないデメリット3つのまとめ

美容整形にも様々な種類がありますが、特に人気が高いのが目元をぱっちりさせることができる二重まぶた治療です。

二重まぶたはメスを使わずに作ることもでき、埋没法は特に多くの人に選ばれている施術です。

埋没法はメスが必要ないので短時間で行うことができ、傷跡も残らずダウンタイムが短く抑えることができますが、人によってはラインが取れてしまう、まぶたの脂肪が多い人は腫れぼったさが残ってしまうこともあります。

よりしっかりとラインを作りたいという場合は小切開も検討してみましょう。

小切開はまぶたの一部を切開することで、ラインをよりはっきりとし、取れにくくしてくれます。そして余計なまぶたの脂肪を取り除くこともできますので、よりすっきりとした理想の目元を作ることができるのもメリットです。

とはいえ、美容整形にはどんなものでもメリットだけではなくデメリットもありますので、治療を行う前にはリスクについてもよく確認しておくことが大切です。

小切開のデメリット

小切開におけるデメリット

小切開を行うとより目元をはっきりとさせることができ、ラインが取れにくくなるというメリットがありますが、やはり切開を行うこととなりますので、腫れや痛み、内出血などは強くなり、埋没法と比べてダウンタイムが長くなる傾向にあります。

そして埋没法の場合は切開を行っていないので、ラインが気に入らないという場合も比較的簡単にやり直すことができますが、小切開を行った場合は元に戻したり、修正が難しいというデメリットもあります。

それから小切開では切開する範囲が狭いこともあり、除去できるまぶたの脂肪はそれほど多くはありません。

さらに脂肪を取り除きすぎるとまぶたがくぼんでしまう、目の開きが悪くなってしまうこともあります。

そして左右のラインに差ができてしまう場合もあります。こうした失敗は医師の技術力の差によるところも大きいので、簡単な美容整形だからと安易に決めてしまわず、できるだけ高い技術力で対応してくれる医療機関を選びましょう。

恐怖!小切開をしても二重にならないデメリット

二重にならないデメリットについて解説いたします。

小切開法で作った二重まぶたは不自然でバレることだけでなく、永遠に二重にならないのが最大のデメリットと言えるでしょう。

切開した部分は傷であるのは言うまでもなく、人によっては赤く変色したところが次第に紫に変色し二度と消えない傷跡になってしまうこともあります。

二重はあくまでもまぶたの食いこみでできるものであって、切開で傷をつけてまぶたが食いこんで行くものではないことを知る必要があります。

傷跡がへこむデメリットについて

二重まぶたに憧れる女性は非常に多い傾向にあります。それは二重まぶたのほうが顔がはっきりして華やかな印象になるからです。しかし日本人ははれぼったい一重まぶたの人が多く、コンプレックスを抱えている人も非常に多い傾向にあります。

そこで美容整形で小切開する人も少なくありません。しかしまぶたを切開すると傷跡がへこむだけであり、本当の二重のように見えないのがデメリットと言えます。傷跡が痛々しく赤くなる人もいてデメリットしかありません。

不自然でばれるデメリットについて

本当の二重まぶたと言うものはまぶたの筋肉が発達していて、まぶたの一部が食いこんででききるものです。そのため小切開法で二重にしたものとは全く異なるものであり、切開法の二重まぶたは非常に不自然ですぐにばれてしまいます。

特に目を伏し目がちにしたときに、まぶたに傷の跡とへっこみが顕著に目立ちすぐに美容整形で作られた二重まぶたであるとばれてしまうのがデメリットであると言えるでしょう。

名医に相談してデメリットを回避

二重まぶたになるためには小切開法が主流になっていますがこの方法では様々なデメリットも多く、腕の確かな名医に相談して施術してもらうことが大事です。

当相談所では、評価の高い名医などが一覧で列挙されているのこうした物を参考に施術するクリニックや病院を決めるのも良いでしょう。

症例数が多く実績が高く、医療訴訟などトラブルもなく、信頼できる医学部を卒業している医師をさがして施術してもらうことが大事です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*