目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

小切開の効果と医師選びのまとめ

小切開は傷口が全切開よりも小さく済み、腫れも内出血も軽度です。また、埋没法よりも二重のラインが消えにくい効果があります。

二重のラインが深くて傷が目立ちにくい方、埋没法ではとれてしまうような方は向いている手術方法だといえます。

ただし、太いラインを希望する場合は全切開を行なったほうがよい場合もあります。大きな腫れは一週間ほどで、大体1~2ヶ月ほどでおちついてきます。

内出血については個人差がありますが、完全になくなるまで2週間ほどかかります。痛みは少しジンジンと痛む程度です。

小切開方法は二重がとれにくいとはいわれていますが、瞼の厚みがある方、腫れぼったい方はとれやすい傾向があります。また、切った部位やまつげなどの感覚が一時的に薄くなる場合もありますが、3ヶ月ほどで回復します。

どのような手術でもリスクは伴うので、自分に合った希望とする手術方法を選び、理解を深めたうえで手術を行なうことが重要だといえます。

小切開の効果

北川景子のような目になりたい時の整形

目というのは、第一印象に大きな影響を与えます。
その人の印象自体もかわってきますし、お化粧をすればさらに映えます。

美人の代名詞でもある北川景子さんのようにしてほしいという女性はとても多いです。

彼女の特徴として、ぱっちりとした二重でありながら、上品さも兼ね備えているというところです。

ドーリーな感じすぎず、二重の幅もちょうど良いのです。

さらに、涙袋があることで、うるっとした目にすることができます。

すっぴんでもきれいに見えるような北川景子のようにしたい方は、埋没法よりも切開法の方がおすすめです。

切開法ですと、そのラインは永久的に持続しますし、埋没法よりもくっきりとした二重にすることができます。
目頭なども必要に応じて切開していくと良いでしょう。

また、まぶたの脂肪が気になる場合には、脂肪吸引も同時に行うことですっきりとした印象にしあげることができますし、ラインもしっかりとつきやすくなります。

切開法を行ってから脂肪吸引をするよりも、縫合するときのバランスもありますので、できれば脂肪吸引をしてからの方がおすすめです。

涙袋については、ヒアルロン酸を注射しますが、その量が多すぎてしまいますとバランスが悪くなってしまいますので、実績があり経験豊富な医師に依頼をすると安心です。

二重手術は保険が適用になりませんので、各美容外科クリニックによって費用に少しばらつきがでてきます。
できるだけ事前にサイトなどで確認をしてから比較をして、カウンセリングに行くと良いでしょう。

また、実績のあるところですと失敗もなく安心してまかせることができますので、口コミ評判なども参考にして、クリニック選びをすると良いでしょう。

印象が変わりますし、お化粧をするのもきっともっと楽しくなります。

効果を得るためにはドクターの技術が重要

小切開とは二重の手術方法のことで、全切開と埋没法の中間の形成方法です。

この方法は瞼の皮膚を数ミリから数センチほど切開し、ひだの部分の脂肪などを取り除き、組織を直接縫合します。切開後は数日で抜糸、もしくは溶ける糸で縫合します。

小切開での注意点は、必ずしも同じ状態になるとは限らないので、両目を同じ日に手術することです。

小切開のメリットは、埋没法のように糸が体内に残ることなく、溶けてしまうので眼球を傷つける可能性が少ないということです。また、皮膚組織を癒着させる手術のため、一重に戻ってしまう心配も少ないです。全切開よりも手術時間が短く、腫れも少なくて済むことが多いです。

効果を得るためにはドクターの技術が重要になります。同時に自分の瞼の状態やなりたい二重の状態を把握し、しっかりと医師に伝えることが必要です。手術の技法はクリニックによって全く違うことが多いです。そのため、ドクターとクリニックを選ぶのは慎重に行ないましょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*