目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

小切開の名医はどう探せばいいか3項目をチェック!

一重まぶたに悩む女性はとても多く、毎日アイプチをしているという女性も少なくありません。

一重まぶたで悩んでいる女性は、「目つきが悪いね」などと言われた経験があり、心が深く傷ついています。

世の中には自力で二重まぶたになれるという情報があふれていますが、いろいろなトレーニングや化粧品を試しても効果がないという人も多いと思います。

効果のない方法をいろいろ試すよりも、思い切って美容整形を受けてみるのも良いのではないでしょうか。

ただし、まぶたの脂肪が厚いという場合、メスを使わないプチ整形では綺麗な二重のラインを、キープできないケースが多いと言われています。

このような方におすすめなのが「小切開」という美容整形です。

この美容整形はまぶたの皮膚を切開・縫合する事で二重のラインを形成します。

また、切開した際にまぶたについている余分な脂肪も除去する為、スッキリとした目元を作れます。

皮膚を切ってラインを作るという事もあり、メスを使わないプチ整形よりもハッキリとした二重となり、またラインが消えにくい点が魅力です。

切開する範囲も5ミリから10ミリ程度と小さい為、傷跡が目立つという心配も、ほぼありません。

ただ、これは名医と言われるような医師が、施術を行った時のみに言える事です。

未熟な医師が小切開を行った場合、傷跡が残ってしまったり時間の経過と共に、二重のラインが狭くなる・消えるといった症状が起こります。

小切開を受ける際は、名医と言われるような医師を選ぶ事が大切です。

小切開の名医

脂肪が厚いまぶたでもクッキリとした二重

小切開は脂肪が厚いまぶたでも、クッキリとした二重のラインを作れる美容整形です。
切開する範囲も狭いという事もあり、人気となっています。

ただし、名医と言われるような熟練した技術を持つ医師でなければ、失敗のリスクが高まるので注意が必要です。
名医を探すには、まず症例数をチェックしてみましょう。

小切開だけでなく目元の美容整形を、数多く行っている医師であれば、様々な症例に対して適切な対処ができると言えます。
この他にも二重まぶた形成のセンスが高い、医師も失敗のリスクは低いでしょう。二重の幅は目の大きさや、顔全体の印象によって大きく変わります。

患者の顔に合った二重のラインを、見極めるセンスがある医師であれば、幅が広すぎる・狭すぎるといった失敗のリスクもほぼありません。

当相談所では小切開の名医と言われる、技術の高い医師をご紹介しています。
医師選びに迷っている・安心して施術を受けたいという方は、当相談所へご気軽にご相談ください。

小切開の名医

ハン・アルムソンイ(韓国)のような目になるための整形って?

美容整形を受ければ、ハン・アルムソンイ(韓国)のような可愛らしい顔になることもできます。

ハン・アルムソンイ(韓国)のような顔になるには、まずは二重の形成が必要です。

糸で留めるだけで良い埋没法は人気の高いプチ整形ですが、元に戻ってしまうというデメリットがあります。

まずはプチ整形をちょっと試してみたいという人にはおすすめですが、もっと確実な効果を得たいという人には切開法が良いでしょう。

上まぶたの余分な皮膚を取り除くことで二重にデザインする施術で、よりはっきりとしたラインを作ることができます。

また、ハン・アルムソンイ(韓国)と言えば、特徴的なのが涙袋です。

下まぶたのまつ毛のすぐ下にぷっくりとしたふくらみがあると、目元が微笑んでいるような、愛くるしい印象になります。

下まぶたのまつ毛のすぐ下に、ヒアルロン酸を注入してふくらみを作る涙袋形成術を受けると、きれいなふくらみを作ることができます。

二重まぶたと涙袋があれば、たとえすっぴんだったとしても魅力的に見えるでしょう。

このような美容整形で魅力的になることはできますが、成功するか否かは医師の腕次第です。失敗を避けるためには、センスと技術力を備えた医師を選ぶことが大切です。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

小切開を受けるなら、口コミで人気の美容外科・クリニック

小切開は二重まぶたを形成する美容整形の1つです。

この呼び方の他にミニ切開法や、マイクロ切開法などと言われる事もあります。

小「切開」という名前のとおり、まぶたの皮膚をメスで切開する事で二重まぶたを作るのが特徴です。

ただ、切開する範囲は5ミリから10ミリ程と、とても小さい範囲です。

同じメスを使い二重まぶたを形成する全切開法は、大きくまぶたを切るので腫れや痛みも強く出ます。

小切開法は切開する範囲が少ないという事もあり、痛みや腫れも少なく、また傷跡も目立ちにくいという点がメリットです。

また、埋没法という糸でまぶたを固定するプチ整形で、すぐに二重のラインが取れてしまったという方でも、小切開であればくっきりとした二重まぶたになります。

一重まぶたは奥二重がコンプレックスという方は多いでしょう。

小切開を受ける事によって、目元のコンプレックスは解消されるのでおすすめです。

小切開はまぶたの皮膚を切る範囲が、小さいという事もあり傷跡が残り難い美容整形と言われています。

費用は安いクリニックだと約20万円程です。施術後に腫れが出てしまいますが、強い腫れは約3日程度で収まります。
休日を利用すれば働きながらでも、施術を受けられるでしょう。

ただし、切開する範囲が狭いといっても、やはりメスを使う美容整形という事もあり、失敗のリスクはゼロではありません。

もし失敗してしまったら、理想の二重まぶたにならなかった、二重のラインがすぐに狭くなる、左右でラインの幅が違うなどが起こります。

このような失敗が起こってしまった場合、修正治療を受けたりなど、金銭的な負担も大きくなってしまうのです。ですので小切開を受ける際は、クリニック選びを慎重に行いましょう。

小切開はもちろん目元の美容整形全般に長けている医師がいるクリニック、そして口コミなどで評判の良いクリニックかどうかはチェックしたいポイントです。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*