目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

小切開を受けるメリットと一重瞼を綺麗に解消するコツ

厚ぼったい印象の一重まぶたをどうにかしたい。手軽で値段も比較的リーズナブルな埋没法をしたけれどイメージとは程遠い仕上がりになったとか、元に戻ってしまったという方に選ばれるのが小切開法です。

こちらは二重に使用とするヒダの予定線を1、2センチ切開し内部処理を行ってから縫い合わせる方法です。手術自体が20分と短時間で終わりますし、ダウンタイムも短いことから選ぶ人が多いです。

ただ、埋没法と比べて少ないながらもメスを入れるために何日か腫れることがあります。通常手術は両目行うことが多いので、そうなると量まぶたが腫れぼったくなり極めて不自然です。

そこで会社勤めをされている場合は、片目ずつ行って治ったら残りをやるという手段もあります。

一重から二重にするので手術をしたことはばれますが、小切開法では一重の具合や仕上がりの二重の状態などでは自然に変わるために、ちょっと印象が変わる程度で手術をしたことがばれないというメリットもあります。

小切開を受けるメリットと一重瞼を綺麗に解消するコツ

元に戻らないきれいな二重を演出

小切開法のメリットは簡単なのにきれいな二重にできることです。簡単というと糸でとめる埋没法が有名ですが、こちらは重い一重の場合は適応できませんし、すぐに元に戻る可能性がありました。

メスを入れないのはいいですが、せっかくそれなりのお金を払って手術をしてもすぐに元どおりでは意味がありません。

それに対して小切開法はたった2、3センチメスを入れるだけで、元に戻らないきれいな二重を演出できるのです。

さらに切開するのが短いので、気になる術後の傷跡もしわと同化して目立たなくなるというメリットもあります。

もちろんメスを入れるので翌日からくっきり二重とうまい具合にはいきませんが、治癒すればくっきり二重が手に入るのです。

小切開法でゲットした二重は半永久的に維持できますし、まぶたに脂肪があって厚みがある場合、希望であればその脂肪を少量はとれるのでスッキリした二重にメイクできます。

術後の腫れも通常1週間もすれば治まり、その後は通常のメイクが可能です。

小切開のメリット

ヴァニラのような目になるにはどんな整形が良い?

全身サイボーグと呼ばれテレビで話題になっているヴァニラさんですが、フランス人形にあこがれて全身整形を繰り返しており現在に至るまで整形につぎ込んだ費用はおよそ2000万円と言われています。

特に特徴的なのが、目の大きさです。

フランス人形に憧れていただけあってその大きさは通常の人とは比べ物にならないくらいくっきりと大きいです。

そんなフランス人形のようなくっきり大きな印象を出すために埋没法、切開法、部分切開法の3種類を行っているそうです。では一般の方が、ヴァニラさんのようにする場合はどのような手術を行えばいいのでしょうか。

おすすめの方法は切開法、部分切開法、ヒアルロン酸注射です。まず、切開法は、埋没法よりもよりくっきりとした印象的になれる二重手術です。

埋没法に比べると切開法はさらに二重の幅を広くすることができます。希望するラインに沿ってメスで切開して、縫い合わせる方法で、まぶたの余分な脂肪を取り除くのではれぼったいイメージの方におすすめです。

埋没法に比べると、はっきりとしたラインを作ることができるため大きな仕上がりにしたい方におすすめの方法です。

切開法は二重の幅を大きくする方法で縦幅を変える方法ですがこれに対して部分切開法は横幅を変える方法です。手術は簡単に言うと瞼のお尻側、頭側の端を切って広げて、外側、内側に向かって伸ばす手術です。

鼻から離れている方やたれ目がちの方におすすめの手術です。これらの手術方法によって横幅を変えることが出来ます。

次にポイントとなるのが、ヴァニラさんはすっぴんでも涙袋がしっかりとあるということです。

つまり涙袋をつくる手術を受けている可能性が高いです。そのため、ヒアルロン酸を注射でいれることでぷっくりとさせることで更に大きく見えるように見せることが出来ます。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*