目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

垂れ目形成のアフターケアでやること、やっちゃいけないこと

若い人からご年配の方まで人気のぷち整形。手頃な金額と日帰り手術で入院もなく、会社帰りでもできる手軽さが人気です。特に若い人からの利用が年々増えており、その背景にはハーフタレントの活躍があります。ハーフのようにハッキリとした顔つきにしたいということから、目の手術が人気を呼んでいます。そんな中でお勧めなのが、垂れ目形成です。上瞼と下瞼を切開して行う手術で、垂れ目の印象は可愛らしく優しいふんわりとした印象があります。メイクやカラコンの映える顔になりたい、短時間で結果を出したい、腫れや痛みが少ない方がいい、目を大きく見せたいという方にもお勧めです。痛みもなく行え、ダウンタイムも切開より短く、価格もリーズナブルです。施術時間は切らない場合は30分、切る場合は1時間で、シャワーはその日から可能です。しかし、切開手術と違うところは持続性は永遠ではないこと。定期的に通う必要があります。また垂れ目形成のアフターケアでも、やっていいことと悪いことがあります。

垂れ目形成のアフターケア

垂れ目形成のアフターケア

垂れ目形成でやっていいことは、腫れがある場合は冷やしたタオルや柔らかくしたアイス枕、ビニール袋にいれた氷水で冷やしましょう。内出血は温めることで早く消失しますので、蒸しタオルを乗せましょう。術後から数日からアイスパックをするのは、ダウンタイムを短縮することができます。メイクや洗顔はその日から可能ですが、施術方法によっては、2から3日後になる場合があります。洗顔はその日から可能ですが、施術後の早い段階で刺激を与えると糸が切れてしまう原因にもなります。洗顔はソフトに行ってください。タバコやお酒、入浴や激しい運動は施術後1週間経ってからです。刺激物は血行の促進になり、腫れる原因になりますので、控えます。紫外線は施術後敏感になるため、サングラスを着用してください。元々顔の中で一番皮膚が敏感な部分です。施術後できれば数週間は紫外線を避けてください。紫外線による色素沈着がおこる場合があります。垂れ目形成を行うときは医師からの説明を聞き、アフターケアをしっかり行いトラブルが起こらないように気を付けましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*