目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

垂れ目形成を受けるデメリットとは

垂れ目形成とは、黒目より外側の下まぶたを下げることで垂れ目にすることができます。
白目の範囲が増えることにより、目を大きく見せる効果もあります。
垂れ目に憧れている方や、優しい印象にしたい方、目を大きく見せたい方に効果的な施術方法です。
垂れ目にする幅や位置を微妙に微調整することが可能なので、仕上がりの調整をすることも可能です。
垂れ目形成には主に埋没方と切開法があります。
どちらも下まぶたの裏側から施術をするため、術後の傷跡などは気になりません。
しかし、術後1週間程度の腫れや内出血が2週間程度生じる場合があり、稀に傷口の炎症や感染が起こる場合もあります。
これらのデメリットのため、ダウンタイムが必要な場合があります。
シャワーは当日から可能ですが、触ったり濡らすなどの刺激を与えることは控えなければなりません。
もちろん激しい運動や入浴、飲酒なども控える必要があります。
手術を受ける前に、リスクをしっかりと理解しておくことが大切です。

垂れ目形成のデメリット

垂れ目にすることにより優しい印象になれます

垂れ目形成とは、垂れ目にすることにより優しい印象になれたり、白目の範囲が増えるため目を大きく見せる効果もあります。つり目や目の大きさで悩まれている方の中には、この手術をするか悩まれている方もいらっしゃると思います。
そんな方のために、垂れ目形成をするにおいてのメリットやデメリットを紹介します。
垂れ目形成には、手軽にできる糸で留める埋没法と、切開して確実なラインを作ることのできる切開法があります。
どちらも下まぶたの裏側から手術をするため、傷跡などは気にならないことがメリットですが、術後の腫れや内出血があります。どちらも1週間から2週間程度で治まるようです。
施術当日は若干痛みがあるため、処方された痛み止めを飲みます。
これらのことがあるため、ダウンタイムが必要な場合があるというのがデメリットでもあります。
施術方法によって、持続期間やダウンタイム、手術によるリスクなども大きく変わってくるので、自分に合った方法を選び、それらのリスクをきちんと理解した上で施術を受けましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*