目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

トラコンハムラ法のアフターケアのタブーって何?

トラコンハムラ法はまたは、裏ハラム法、経結膜眼窩脂肪移動術と呼ばれる方法は、目の下のたるみやふくらみ、黒くまの解消に効果が期待できる方法です。
ハラム法は下方のくまの部分に脂肪を表皮側から切開して移動させる方法ですが、トラコンハムラ法はまぶたの裏側を切開して脂肪を移動させるという方法です。皮膚を切開させないため傷跡が残りにくく、ダウンタイムがハラム法に比べて少なく、メイクで傷跡を隠すことのできない男性にもおすすめの施術方法となっています。
しかし、リスクとして効果が薄かったり、でこぼこなどの後遺症が考えられます。
また、きちんとアフターケアをしなければ感染症などのトラブルになってしまうことなども考えられるため、きちんとアフターケアを行なっていくことが大切です。
トラブルにしないためにはきちんとカウンセリングを行なって、メリットやデメリットをしっかり理解して、術後のケアの仕方などをきちんと知ってから行なうことをおすすめします。

トラコンハムラ法のアフターケア

ダウンタイムは約1週間~2週間

トラコンハムラ法は、目の下のたるみやくまの改善が期待できる手術になります。
ダウンタイムは、本格的な手術を行なった場合には約2週間程度、プチ整形程度なら約1週間ほどだとされています。その期間にはむくみや腫れ、傷跡に赤みが出るなどの症状が出ます。
痛みがある場合の対処としては、クリニックから処方された痛み止めを飲んだりすることで改善していきます。それでも痛い場合には冷やしたタオルや氷のうなどを利用して目元を冷やすことで痛みを和らげます。
トラコンハムラ法のアフターケアのタブーとしてあげられるのが、手術を受けた当日の洗顔です。洗髪やシャワーも当日からでも行なえるといわれていますが、傷口に水をかけないようにすることが大切です。
メイクもアイメイクとテープで固定した部分以外なら術後にすぐにでも行なえます。
また、ダウンタイム期間中はマスクやサングラスをして外出することが良いとされています。
術後は視界が狭くなることも考えられるため、車を運転して来院することは避ける必要があります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*