目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

トラコンハムラ法を受けるのはデメリットを理解してからにしてください

トラコンハムラ法とは、目の下のたるみ治療法のひとつです。同じたるみ治療法のひとつにハムラ法という手術方法がありますが、これは下まぶたの生え際のギリギリを切開して余分な脂肪をくぼんだ場所に移動させるものです。それに対して、トラコンハムラ法は目の下は切らない手術方法です。下まぶたを切開するかわりに、下まぶたの裏側から小さく切開して眼窩脂肪をくぼみの部分に移動させる手術方法です。裏ハムラ法や経結膜眼窩脂肪移動術とも呼ばれています。目の下のたるみやクマの解消に効果的です。下まぶたの裏側から切開するので傷跡が表面に残りませんし、皮膚を切除しないため身体への負担も少なくてダウンタイムも短くなります。目の下のたるみが比較的軽い方やできるだけ傷は残したくない方から支持されている手術です。しかし、もし手術を受けるなら、これらのメリットだけでなくてどのようなデメリットが起こりうるのかを、きちんと理解しておく必要があります。
トラコンハムラ法のデメリット

とても難しい手術です

トラコンハムラ法は、下まぶたの裏側を小さく切開して、そこから余分な眼窩脂肪をくぼんだ部分に移動させる手術法であるため、目の下のくぼみと膨らみを同時に解消するというとても難しい手術です。高い技術が求められるので、もし失敗した場合は、修正が難しくて再手術は非常に困難になるというデメリットがあります。トラコンハムラ法は、たるみが比較的軽い人方には向いていますが、たるみや余分な皮膚が多い方には向いていません。また、今までは脂肪が膨らむことで皮膚が伸ばされていましたが、余分な脂肪を移動させることによって小じわやちりめんジワが増えることもあります。そして、目元に左右差が出来てしまうこともあります。このように様々なデメリットが存在するのは、この手術が高度な技術を必要とするからです。まだまだ症例数が少ない手術ですし、トラコンハムラ法の手術の経験が多い医師は一部に限られます。大切なのは名医を探すことです。手術経験が多くて知識も豊富な名医を選ぶ必要があるのです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS
 


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*