目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

トラコンハムラ法のダウンタイムはどう過ごせばいいですか?

トラコンハムラ法とは、目の下のたるみを解消するための手術方法です。下まぶたの裏側から切開して余分な眼窩脂肪をくぼんだ部分に移動させることで、目の下のたるみやクマや膨らみを解消することが出来ます。裏ハムラ法や経結膜眼窩脂肪移動術とも呼ばれています。ハムラ法が表皮を切開して皮膚を切除するのに対し、トラコンハムラ法はハムラ法を応用した手術方法であり、切開するのが下まぶたの裏側なので傷跡が表皮に残ることはありません。そのため、比較的たるみが軽い方や傷跡を残したくない方から支持されている手術方法です。また、トラコンハムラ法なら皮膚を切除することもありませんし、下まぶたの裏側の切開する部分も小さくできるので、身体への負担もハムラ法の手術と比較するとかなり少なくて済むのです。他の手術と比較すると、ダウンタイムも比較的短くなっているため、たるみやクマは解消したいけれど、ダウンタイムはあまり長く取れないという方からも人気です。では、実際にダウンタイム期間中はどんなふうに過ごせばいいのでしょうか?

トラコンハムラ法のダウンタイム

ダウンタイム期間中は安静にすることが重要

トラコンハムラ法の手術後の経過は、腫れや内出血などは発生しますが、皮膚を切除する必要があるハムラ法の場合と比較すると、ダウンタイムは期間も短くなりますし症状も比較的軽くなります。腫れは大体1週間程で落ち着いてきて、それから徐々にむくみも引いていきます。内出血に関しては、ほとんど目立たない場合と大きく出てしまう場合とに分かれることが多いです。大きく出てしまった時は消えるまでに1~2週間ほどかかりますが、メイクで隠すこともできるので大丈夫です。ダウンタイム期間中は痛みがある方もいますが、そのような場合は、冷たいタオルやアイスパックで冷やすとだんだん痛みも治まっていきますし、クリニックで鎮痛剤も処方されます。個人差もありますが、処方された薬を服用すれば痛みは和らぎます。トラコンハムラ法は高度な技術を必要とする手術なので、ダウンタイム期間中は、出来るだけ安静にして静かに過ごすことが重要です。どんな過ごし方をしたのかによって仕上がりが変わることもあるのです。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*