目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

ビーズ法 リスクとは?

ビーズ法のリスクまとめ

ビーズ法に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、ビーズ法のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないための目の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

ビーズ法のリスク 傷跡

ビーズ法のリスクとして代表的なものに傷跡が有ります。

ビーズ法の場合、ビーズを入れている際に出来る瘢痕の様な形の傷跡が術後に目立ってしまう事があります。

また術後の腫れが長く2週間程度はダウンタイムが必要となります。

そのため、綺麗に処理をされた全切開と比べるとクオリティは下がります。

プチ整形だからといって安い病院で気軽に受けずに、技術が高いクリニック・ドクターを選択しましょう。

ビーズ法のリスク 感染

ビーズ法だけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染はビーズ法のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

ビーズ法の治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

ビーズ法のリスク 二重幅の左右差

ビーズ法のリスクとして代表的なものに二重幅の左右差が有ります。

特に完璧に左右差の無い目の人はいらっしゃらないのですが、人から見ても気になるレベルで左右差がある様であれば修正をお薦めいたしております。

ビーズ法では調節がうまくいかないと、二重幅に左右差が出てしまったりが考えられます。

こういったリスクを回避するためにも、こだわる医師は超極細ピンセットと極細の両端針などを用いた埋没法が出来ます。

ビーズ法のリスク 不自然・バレバレ

ビーズ法のリスクとして代表的なものに不自然・バレバレが有ります。

ビーズ法はノットが見えてしまう事で目を閉じた際に埋没法の糸の結び目が見えてしまうリスクが有ります。

これは極細糸を使うなどして出来る限り自然にする事も出来ますが、医師の技術による所が大きいです。
技術の高いクリニック・ドクターを選択してください。

ビーズ法で注意しなければならないリスクとして不自然・バレバレは覚えておいてください。

まとめ

以上、ビーズ法における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないための目の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*