目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目の整形 二重幅の左右差

目の整形 二重幅の左右差

二重幅の左右差は二重の整形をされた方は敏感に気にするポイントです。二重の幅における左右差は目の開き方、筋肉の付き方によって大きく変わってきます。

そのポイントを正確に見抜いて左右差を最小限に出来る名医を選択出来るかどうかがトラブルを回避する大切な事となります。

目の整形で二重幅の左右差を回避するおすすめ病院選びの解説7項目

目の整形 二重幅の左右差 症例写真

症例画像①

目の整形 二重幅の左右差 美容整形・手術・治療

二重まぶたにする手術には、糸を埋め込むだけの埋没法と、切開して余計な脂肪や皮膚を取る切開法があります。切開法はメスを使う施術のため、瞼に一生残る傷が大きく残ってしまい、後での修正が非常に困難となります。顔に残る傷はとても目立つため失敗したくないですし、メスを使わず傷跡のほとんど残らない埋没法のほうが安心して施術を受けやすいですよね。また費用の面でも切開法に比べて安いため、若い方にも人気です。

埋没法には手術方法が異なる拳筋法と瞼板法があります。は実際に施術された方の症例写真で施術前と施術後の様子が分かりやすく掲載されています。また、おすすめの美容外科では症例写真と共に瞼板法についての手術方法やデメリットなどの説明が詳しく書かれています。

瞼板法は拳筋法に比べて術後の腫れが少ない、眼瞼下垂になりにくい、埋没糸を取る必要がある場合に比較的取りやすいといったメリットがありますが、クリニックにより得意とする方法が違いますので事前に確認しましょう。

ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

プチ整形は口コミで有名・人気クリニックは技術が高い?

埋没法は手軽に二重まぶたになれる、プチ整形として人気となっています。
一重まぶたや奥二重といった、腫れぼったいまぶたは目が小さく見えるのでコンプレックスになりがちです。埋没法を受ける事で目元の悩みやコンプレックスが解消されれば、自信を持てるようになるでしょう。
ただ、施術を受ける際はクリニック選びは、慎重に行わなければいけません。
二重のラインは1ミリ違っただけでも、かなり見た目の印象が変わります。

さまざまな美容外科がありますが、安心して施術を任せる事が出来るクリニックを選びたいものですよね。

目の整形 二重幅の左右差 失敗・修正・再手術

目の整形において、二重幅の左右差で失敗してしまう事が考えられます。特に埋没法や全切開による失敗が考えられます。二重形成を失敗してしまうと修正・再手術を難しくしますので、初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

目・二重まぶたの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。二重幅の左右差・傷跡・バレバレのラインなどによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

目の整形 二重幅の左右差 効果・仕上がり・アフターケア

ぱっちりとした二重になりたい人に人気がある目の整形は、プチ整形と呼ばれるメスを使わずにまぶたを糸で留めて二重のラインを作り出す方法が人気で、挙筋法は、まぶたを持ち上げる筋肉とまぶたの皮膚を糸で結び付ける方法で、ぱっちりとした二重を作ることができるという特徴があります。挙筋法は、糸で留めるだけなので、元の目に戻りたいときや二重の幅が気に入らなかった時などには、糸を取って元に戻すことができるため、整形が初めての人でも比較的抵抗感が薄く、気軽に試すことができる方法です。

挙筋法は、目を閉じても自然さが保たれ、術後の腫れや内出血も少ないので、仕事を長く休む必要がなく、気軽に受けることができます。カウンセリングを受けると、施術方法や注意点、経過などを教えてくれるので、決める前にカウンセリングを受けると良いでしょう。

くっきりとした二重瞼に憧れている人に人気が高いプチ整形の拳筋法は、まぶたと、まぶたを持ち上げる筋肉を糸で結んで、二重のくせを付けるプチ整形です。痛みや腫れが少なく、ダウンタイムが短いため、気軽に受けることができて、はっきりとした二重になることができるところが人気の理由です。

ダウンタイムとしては本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。その期間は腫れ・むくみ・傷跡の赤みが強いので、メガネをかけるなどして外出される方が多いです。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

目の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

目・二重まぶたの整形にはトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。目・二重まぶたの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、メガネなどで目元を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

二重幅の左右差修正の名医・おすすめの病院選び

医師と意思疎通が十分に行われていない場合、希望する二重まぶたにならないケースが多いのです。また、すぐに二重のラインが取れた、ラインがガタガタと崩れているといった失敗してしまうリスクもあります。このような失敗のリスクを下げて、安心して埋没法を受けるには医師の技術や知識、そして二重まぶたの症例数が多いクリニック、そして評判の良いクリニックを東京や大阪など全国で探しましょう。

目・二重まぶたの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*