目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目の整形で希望の二重幅と異なるラインになってしまう症例の解説

目の整形 希望の二重幅と異なる

目・二重まぶたの整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。

カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

希望の二重幅と異なるとは、目の美容整形で二重の幅が広すぎたり、狭すぎたりと、希望したイメージと異なった幅になってしまう事です。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。

カウンセリングでのデザイン、切開線の位置が重要ですが、皮膚の伸び具合いや二重の癒着の深さ、眉毛の高さや目の開きといった要素も関係してきます。

ポイントを正確に見抜いて希望の二重幅に出来る名医を選択出来るかどうかがトラブルを回避する大切な事となります。

目の整形で希望の二重幅と異なるラインになってしまう症例の解説

目の整形 希望の二重幅と異なる 症例写真

症例画像①

目の整形 希望の二重幅と異なる 失敗・修正・再手術

目の整形において、希望の二重幅とならなかった為、二重を狭くしたい場合の修正は、困難で、できない場合もあります。二重の幅が狭すぎる場合は、今の二重のラインより上に、埋没法または切開法で新しいラインを作成し改善します。

二重形成を失敗してしまうと修正・再手術を難しくしますので、初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

目の整形 希望の二重幅と異なる 効果・仕上がり・アフターケア

目・二重まぶたの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
二重幅の左右差・傷跡・バレバレのラインなどによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

ダウンタイムとしては本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
その期間は腫れ・むくみ・傷跡の赤みが強いので、メガネをかけるなどして外出される方が多いです。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

加藤紗里と同じ目になるために必要な整形

日本人女性の特徴とも言われる一重まぶた。日本人の約7割が一重まぶただと言われており、全く気にしていない人もいますが、コンプレックスを抱えている人も多いようです。コンプレックスを解消しようと、さまざまな二重形成のコスメやグッズを使用しても効果がなかったり、不自然になってしまうと悩んでいる人も多いでしょう。

また、アイプチなどを使っていると、人前ですっぴんになることができないので、温泉旅行や海水浴などのレジャーにも積極的になれないという人もいるのではないでしょうか。そんな悩みを一気に解消するには、やはり美容整形が一番効果的です。

美容整形なら、加藤紗里と同じ目になることも可能です。

加藤紗里のようになりたいなら、二重の幅が広い平行型に整形する必要があります。

薄いまぶたの一重の場合は埋没法と呼ばれる施術方法でも十分にはっきりとしたラインを作ることができますが、元に戻ってしまうこともあるので、半永久的な効果を望む人には切開法がおすすめです。

切開法は、実際にメスを用いて、まぶたにある重い脂肪を取り除いて二重のラインを作ります。また、加藤紗里のようになるには、目の下のふっくらとしたふくらみを作る為に、ヒアルロン酸を注入する涙袋形成術も受ける必要があります。

整形で魅力的な目元になれれば人前ですっぴんになることにも抵抗がなくなるので、いろいろなことが楽しめるようになります。

しかし、整形手術にはトラブルもつきものです。理想的な二重にならなかったり、眼球が傷ついてしまうなどのトラブルを避けるためには、ドクター選びが重要です。

一度理想的な状態になっても年数の経過とともに変化が生じるので、数年先の相談にも乗ってくれるような信頼できるドクターを選びましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

目の整形 希望の二重幅と異なる トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

目・二重まぶたの整形にはトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

目・二重まぶたの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、メガネなどで目元を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

目の整形 希望の二重幅と異なる お悩み・まとめ

目・二重まぶたの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*