目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目頭切開法 リスクとは?

目頭切開法のリスクまとめ

目頭切開法に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、目頭切開法のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

失敗しないための目の整形トラブル・リスク・デメリットSOS

目頭切開法のリスク 傷跡

目頭切開法のリスクとして代表的なものに傷跡が有ります。

目頭切開法には三日月法、Z法、W法・内田法、リドレープ法・韓流などの術式がありますが、それぞれで傷跡のリスクが変わってまいります。
高いの技術を持った医師がほとんどいらっしゃらないため、傷跡がリスクとなりえます。

また肉眼オペをしてしまうとクオリティが下がる場合は有りますので、十分に注意してクリニック・ドクター選びをしなければなりません。
こだわるクリニック・ドクターを選択して頂ければ極細糸、傷跡クリーム、傷跡を少なくするお薬(半年程度服用)などを使って傷跡を最小限にしてくれます。

安かろう悪かろうで技術の低いクリニックで気軽に受けずに、技術が高いクリニック・ドクターを選択しましょう。

目頭切開法のリスク 感染

目頭切開法だけではなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は目頭切開法のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

目頭切開法の治療でも、クリニックによっては短時間で雑な手術をされてしまうケースがあります。

衛生面に配慮されたクリニック・名医は様々な手術において、必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

目頭切開法のリスク 二重幅の左右差

目頭切開法のリスクとして代表的なものに二重幅の左右差が有ります。

蒙古襞の状態によっては、左右差が生じてしまうのですが、このリスクはドクターの技術力である程度カバーする事が出来ます。
美容整形での目頭切開法では、理想のデザインを作るため状況により余剰皮膚を切除するなどの内部処理をしますが、その際に調節が上手にいかずに二重幅に左右差が出てしまったりが考えられます。

特に完璧に左右差の無い目の人はいらっしゃらないのですが、人から見ても気になるレベルで左右差がある様であれば修正をお薦めいたしております。

修正にはより高度な技術が必要となりますので、技術が高いドクターを選択しなければなりません。

目頭切開法のリスク 不自然・バレバレ

目頭切開法のリスクとして代表的なものに不自然・バレバレが有ります。

技術が低いDrだと蒙古襞を切り取る系の目頭切開をしてしまうので、形がパンチでくりぬいたみたいになってしまうリスクがあります。

これは出来る限り自然にする事も出来ますが、医師の技術による所が大きいです。
技術の高いクリニック・ドクターを選択してください。

目頭切開法で注意しなければならないリスクとして不自然・バレバレは覚えておいてください。

目頭切開法のリスク 後戻り

目頭切開法では適切に治療がなされなければ後戻りが生じます。
三日月法、Z法、W法・内田法、リドレープ法・韓流などの術式がありますが、それぞれで後戻りのリスクが変わってまいります。

こちらの相談窓口では正確な挙筋の挙上ができる技術の高いクリニック・ドクターをご紹介いたします。

ご希望の場合、ご連絡・お問い合わせいただければと思います。

さいごに・・

以上、目頭切開法における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないための目の整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*