目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

裏ハムラ法のリスクを知る

裏ハムラ法とは、目の下のたるみを改善するための手術法です。結膜側から切開して眼窩脂肪を目の下のくぼんだ部分へと移動させます。経結膜眼窩脂肪移動術やトラコンハムラ法とも呼ばれています。余分な皮膚をくぼんだ部分に移動させるため自然な仕上がりになりますし、目の下のクマやたるみを解消してリフトアップさせてくれるので、若々しくて健康的な目元に生まれ変われます。通常のハムラ法は、目の下のまつげの生え際ギリギリを切開して皮膚を切除するのに対し、裏ハムラ法は皮膚を切除する必要が無いため、身体への負担もハムラ法よりも少なくなりますし、ダウンタイムも短くて済みます。また、結膜側から切開するので傷跡も残りません。これは比較的皮膚のたるみが少ない人に向いている手術法です。このように、裏ハムラ法には様々なメリットが存在していますが、それと同時に、この手術法特有のリスクというものも存在しています。それがどのようなことなのか、きちんと把握しておくことが大切です。

裏ハムラ法のリスク

比較的たるみが少ない人向き

裏ハムラ法は比較的たるみが少ない人には向いていますが、皮膚のたるみが多くて余分な脂肪が多い人には向いていません。脂肪を移動させても皮膚が余ってしまい、余計に老け込んだ印象になってしまうというリスクもあります。そして裏ハムラ法は手術するスペースが小さいため、目の下のたるみが変わらなかったり、余計膨らんで見えることもあります。また、今までは脂肪が膨らむことで皮膚が伸びていましたが、脂肪を移動させたことによって小じわやちりめんじわが増えてしまうこともあります。そして、凹凸が無くなる半面、目元のメリハリが無くなり過ぎてのっぺりとした不自然な顔立ちになってしまうということもあります。その他にも、目元に左右差が出来てしまうことや、瞼が閉じなくなってしまうこともあります。このように、裏ハムラ法にはいくつかのリスクも存在します。それを回避するためには、手術経験が豊富で実績もあり知識も豊富な名医の施術を受けることが重要です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*