目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

VY法(目頭切開修正)の修正について知っておくべきこと

VY法(目頭切開修正)を受けるなら評判の良いクリニック選びを

目をより大きく見せたり、横幅を広くする、離れた目の悩みを解消したいという場合によく選ばれている美容整形が目頭切開という方法です。こうした治療を行うことでより理想的な目元に近づけることもできますが、その治療がうまくいかないと新たな悩みが発生してしまうこととなってしまいます。まず、失敗例としては切開の効果があまり感じられない、切りすぎてしまった、より目になってしまった、そして傷が目立ってしまう、目頭が四角くなってしまうなどがあげられます。そしてこうした場合はVY法(目頭切開修正)を行いより自然な目頭に整えていくこととなります。

目をより大きく見せたり、横幅を広くする、離れた目の悩みを解消したいという場合によく選ばれている美容整形が目頭切開という方法です。こうした治療を行うことでより理想的な目元に近づけることもできますが、その治療がうまくいかないと新たな悩みが発生してしまうこととなってしまいます。まず、失敗例としては切開の効果があまり感じられない、切りすぎてしまった、より目になってしまった、そして傷が目立ってしまう、目頭が四角くなってしまうなどがあげられます。そしてこうした場合はVY法(目頭切開修正)を行いより自然な目頭に整えていくこととなります。

VY法(目頭切開修正)の修正

目頭切開の手術をしても、思い通りの完成形に近づけないこともあります。とくに、最近では一気に目の整形をしてしまおうと、二重の切開と同時に目頭もメスを入れるといった整形手術をする人もいますがこの場合はとくに出来上がった形が不満だというケースが目立ちます。傷痕になっている部分が陥没したような形になってしまうと、そこが黒ずんで見えるために気になったり、二重のラインがあまりに平行すぎるといったお悩みも目立ちます。
目頭を切りすぎてしまったりより目がちになるといった場合には、VY法(目頭切開修正)という方法が有効になります。
VY法(目頭切開修正)以外にも目頭を修正する修正手術はありますが、もしも目頭を修復できたとしても元通りの自分の目元に完全に治すことができるわけではありません。VY法(目頭切開修正)は保険と考え、やはり最初にどういった目頭切開をするのかをカウンセリングを含めてよく話し合ってから手術を受けることがおすすめです。

目頭切開の失敗例

目頭切開で理想形にならなかったときには、すべてがVY法(目頭切開修正)で治せるというわけではありません。
目頭切開の失敗例としては、切りすぎてしまったというケース以外にも、切り足りないために目頭切開の効果が感じられないとか、最初は効果を感じられたもののいつの間にか元通りになってしまったといった場合もあります。
これら、トラブルのケースによって対応する修正手術の方法も変わってくるので、VY法(目頭切開修正)以外の修正手術も頭に入れておくとよいでしょう。たとえば目頭切開が足りずに効果がわかりづらいときには、もう一度同じ目頭切開手術を受けるのが有効です。そして自分の元の目の形にかんたんに戻ってしまったという場合も、基本的にはふたたび目頭切開するといった方法がとられます。
VY法(目頭切開修正)など修正手術もさまざまあるので、過剰に整形手術の失敗をおそれる必要はありませんが、手術回数が少ないに越したことはないのでしっかりとしたカウンセリングも欠かせないでしょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*