目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

W法(目頭切開)はデメリットを理解してから受けよう

W法(目頭切開)とは、目頭切開の施術法のひとつであり、目頭を覆っている蒙古ヒダをW型に切開して取り除く手術です。以前の目頭切開の手術は目頭の皮膚を切り取るだけだったので、皮膚の再生能力が働いてしまい、目頭の皮膚が引っ張られて引きつれを起こしてしまうという失敗例が多く見られましたが、その問題を解決するために新たに開発されたのがW法(目頭切開)です。W法の手術は、まず目頭の皮膚をW型に切開して皮膚を取り除き、そのWの中央部分の三角形の皮膚を目頭の奥の皮膚に差し込んで縫合します。これによって、目頭が元に戻る確率が激減して引きつれが起きることもなくなりました。これは、まぶたが腫れぼったい方や、加齢によるまぶたのたるみが気になる方や、まぶたの幅を調整したい方におすすめの手術です。短時間の施術でパッチリとした平行型の二重が手に入りますし、その効果は半永久的に手に入ります。W法はこのような効果をもたらしてくれますが、もし手術を受けるなら、どんなデメリットが存在するのかを理解しておく必要があります。

W法(目頭切開)のデメリット

皮膚を切除する手術なので高度なテクニックが必要

W法(目頭切開)は従来の目頭切開の手術と比較しても、手術跡の位置が自然で、技術力のある医師が手術を行えば、跡も目立ちにくく仕上がりも綺麗になる手術です。しかし、皮膚を切除する手術なので高度なテクニックを必要とします。そのため、いくつかのデメリットも存在します。まず、W法(目頭切開)は皮膚を切除するので手術後の修正が難しく、手術前の状態に戻すことが非常に困難だというデメリットがあります。希望通りにならなかったり違和感があったとしても、元に戻せない可能性が高いのです。そして、Z法と比較すると傷跡が残りやすいですし、皮膚を切除する分ダウンタイムも長くなるという点も挙げられます。また、目頭の形状が丸くなりやすいので、やり過ぎると目元が丸くなり過ぎてしまうのです。W法は高度な技術力を必要とする手術法であり、担当する医師の腕が仕上がりを大きく左右します。そのため、手術経験が多くて専門知識も豊富な腕の良い名医を選ぶようにしましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*