目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

W法(目頭切開)で起こり得るリスクとは

W法(目頭切開)とは目頭切開の施術法のひとつであり、目頭を覆っている蒙古ヒダをW型に切り開いて皮膚を切除して、W型の中央の部分の皮膚を目頭の奥へと差し込む施術です。まるでハーフのようなぱっちりと大きくて華やかな目は女性の憧れです。しかし、日本人の多くの人々の目に蒙古ヒダがあることが、それを邪魔しています。しかし、W法(目頭切開)の施術を受けることによって、大きくて丸い華やかな目元になれるのです。今までの目頭切開は、術後の逆戻りや引きつれなどが起こりやすいのが欠点でしたが、W法(目頭切開)では、術後の後戻りや引きつれが激減しています。また、W型に切り開く時に目の丸さや角度を調整できるので、可愛い印象の目や柔らかい雰囲気の目やハーフのような華やかな目など、自由に好きな目元になれます。しかし、もしこの施術を受けたら、どんなリスクが起こり得るのかということを、事前に知っておくことがとても重要です。

W法(目頭切開)のリスク

医師側としては比較的行いやすい施術

W法(目頭切開)は目の角度や丸さなどである程度自由に調節できるので、可愛らしい雰囲気の目でも華やかなハーフのような目でも作り出すことが出来ますし、医師側としては比較的行いやすい施術です。しかし、蒙古ヒダを切除しすぎて不自然なキツイ目になってしまったり、目頭の開き具合に左右差が出来てしまうなどの失敗もあります。そして問題なのは、このような失敗が起きたとても、修正することが非常に難しいという点です。W法(目頭切開)は皮膚を切除する施術なので、もしも失敗しても、施術前の状態に完全に戻すことは出来ないというリスクが存在するのです。この施術は目の角度や丸さなどをある程度調整できますが、それは、担当の医師の腕によって仕上がりが大きく変わることを意味しています。W法(目頭切開)は医師の高い技術力と美的センスを必要とする施術です。技術力のある医師が施術すれば綺麗な仕上がりの美しい目に生まれ変われるので、高い技術力とセンスのある名医を選ぶことが大切です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*