目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

W法(目頭切開)の修正の際に気をつけたいこと3項目まとめ

目元の美容整形では目頭切開も高い人気のある治療方法です。アジア人には目頭に特有の蒙古ひだがありますが、これを取り除くことで目元の印象を大きく変えることができます。目の横幅を広げることができ、目がより大きく華やかなイメージになります。

目頭切開にも様々な方法がありますが、W法(目頭切開)は特に高い効果があるとされています。W法(目頭切開)は目頭部分をWの形に切開する方法で余計な皮膚を取り除き、三角形の皮膚を目の奥に差し込んで縫合していきます。蒙古ひだを完全に切除することができますので、外国人のような平行型の二重にすることもできます。効果の高い方法ですが、それゆえに切りすぎてしまうなどの失敗があると修正はかなり困難となってしまいます。不自然な仕上がりになってしまった場合は修正でより自然な目元に近づけることとなりますが、そうした施術が必要のないよう、一度の施術で理想の仕上がりになるようにしたいものです。

W法(目頭切開)の修正

W法(目頭切開)はオススメか?

目頭切開は美容外科で受けられる、美容整形の1つです。
目頭切開という名前のとおり、目頭側を切開する施術を行います。
ただ、目頭切開と一言でいっても、術式は様々です。現在、主流となっているのは「W法」という術式です。

W法は目頭部分を「W」の形に切り込み、皮膚を織り込み縫合する事で蒙古ひだを処理できる、目頭切開法となっています。蒙古ひだが比較的多い方でも、しっかり効果が出る術式と言われています。

また目頭切開法は術式によって、皮膚が引き攣れたり、傷跡が目立つケースも少なくありません。
W法はこのような失敗が起こり難いとして、多くのクリニックで施術が行われているのです。
施術を受ける事で目の横幅が広がり、目自体が大きく見えるようになります。
また、平行二重にもなりやすく、より目をパッチリ見せたいという方におすすめの目頭切開法です。

W法(目頭切開)の修正

Z法に比べて柔らかい感じの目元

W法(目頭切開)はZ法に比べて柔らかい感じの目元になる、さらに目頭が元に戻るリスクを防ぐことができる、切り取った目頭の皮膚がひきつれを起こしてしまうなどのデメリットを抑えることができます。

W法(目頭切開)は成功すれば目元に華やかさを増すことができ、傷跡も目立ちにくく、美しい目元を作ることができます。
逆に失敗してしまった場合は目頭を切りすぎて不自然な仕上がりとなってしまったり、目が真ん中に寄りすぎる、白目部分が多く見えてしまうなどの悩みも出てしまいます。

技術力が不足している医師にあたってしまうと、理想の仕上がりにならないだけではなく、傷跡が長く目立ってしまう、ダウンタイムが長くなるなどの問題も出てきます。

皮膚の切除を行っている方法ですので、修正を行う場合もかなり難易度が高くなりますので、修正を行う場合はできるだけ名医と呼ばれる医師に担当してもらうことが大切です。

目元はとても目立つ部分ですので、できるだけ高い技術力で対応してくれる医師が在籍するクリニックを選びましょう。

W法(目頭切開)を行っている評判の良い美容外科とは

W法(目頭切開)は美容外科で受けられる、美容整形の1つです。
目元の印象を大きく変えられるとして、人気となっています。
より目を大きくしたいという方の中には、二重まぶたを形成する美容整形と一緒に施術を行うケースも少なくありません。
費用は安いクリニックだと10万円程で施術を受けられるようです。
目元のコンプレックスを解消したいという方は、W法(目頭切開)を検討してみてはいかがでしょう。
ただ、W法(目頭切開)は失敗してしまうと、目元の印象が大きく崩れてしまうので注意が必要です。
切開し過ぎてしまい不自然な印象となったり、目頭切開の施術を受けた事がバレバレの顔になってしまうケースもあります。
また、元々傷跡が残り難い術式と言われているものの、やはり医師の技術不足によって傷跡が残る場合もあります。
目元はちょっとした変化で印象が大きく変わります。
満足の行く仕上がりを求めるのであれば、評判のクリニックを探しましょう。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*