目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

全切開のアフターケアで効果に差がでる?腫れと内出血の情報まとめ

まぶたの脂肪が厚いという場合、どうしても腫れぼったい目元になってしまいます。

この悩みを解消しクッキリとした二重まぶたになれるのが、全切開という美容整形です。
この美容整形はまぶたの皮膚を広く切開し、縫合する事で二重のラインを作ります。

同時に余分な脂肪も取り除くので、腫れぼったいまぶたもスッキリとさせる事が可能です。
一重まぶたや奥二重といった、目元のコンプレックスを解消できる全切開ですが、切開する範囲が大きいという事もあり、施術後はしっかりアフターケアを行う事が大切です。

もし、アフターケアを怠ってしまうと、通常よりも長く痛みや腫れ、むくみや内出血が続いてしまいます。
ですので、施術を受ける際は医師にどのようなケアを行えば良いのか、しっかり相談する事が重要です。

ただ、医師の技術が低い場合、アフターケア十分に行っても、施術後の症状が強く出るケースも少なくありません。
全切開を受ける際は、医師選びも重要となります。

全切開のアフターケア

吉川ちえ・吉川ちかと同じ目になりたい時の整形

初めて会った人に与える第一印象はとても大切です。

第一印象が判断されるのは多くの場合、目元の印象であると言えます。ぱっちりした瞳は、可愛らしく優しい印象を与えることができますが、細い一重まぶたは、冷たそうな印象や暗そうなイメージなど、あまり良い印象でないことが多いのです。

第一印象がマイナスイメージだとそれだけで損をしてしまいます。このようなこことから、一重まぶたにコンプレックスを感じる女性はたくさんいます。

一重まぶたのせいで人間関係に積極的になれないほど悩んでいるなら、美容外科で整形手術を受けることも検討してみてはいかがでしょうか。

整形手術を受ければ、吉川ちえ・吉川ちかと同じようなお人形のようにぱっちりした目になることもできます。

吉川ちえ・吉川ちかのようになるには、幅の広い平行タイプの二重まぶたにする必要があります。華やかでハーフのような印象になれる平行タイプの二重は、若い女性やギャルに好まれるラインです。

このラインを作るには、切開法の中でも、二重のラインがくっきりと仕上がって消えにくい全切開法が適しています。

余分な脂肪やたるんだ皮膚を取り除き、縫い合わせてラインを形成します。埋没法に比べて持続力が強く、半永久的に持続可能だと謳っているクリニックもあります。

吉川ちえ・吉川ちかのようになるには、二重まぶた形成だけではなく、涙袋形成も必要です。涙袋の形成はヒアルロン酸を注入するプチ整形で実現できます。

整形してコンプレックスがなくなれば、すっぴんでも堂々としていられるので、旅行や温泉なども楽しめるようになります。

ただし、整形を成功させるには、慎重に担当医を選ぶ必要があります。

豊富な実績があり、美的センスを備えた優秀な医師を選びましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

全切開のアフターケアとは?

全切開は二重まぶたを形成する、美容整形の1つです。

腫れぼったいまぶたでも、西洋人のような幅の広い平行二重にする事がでるという事もあり、人気の美容整形となっています。

ただ、皮膚を切開する部分が広いという事もあり、アフターケアは欠かせません。
施術後は腫れや痛みが強く出るので、冷やしたタオルなどで患部を冷やしましょう。

腫れが治まったら内出血を早く治す為、今度は温めたタオルでケアします。

また、運動や入浴といった体を温める行為は、むくみを酷くする恐れがあるので施術後、1週間ほどは控える事も大切です。

しかし、施術を行う医師の技術によって、腫れや痛みが長引いたり、強く出るケースもあります。

全切開は二重まぶたを形成する美容整形の中でも、特に切開する部分が大きいので、施術を行う医師は慎重に選びましょう。

当相談所では名医と言われる、技術の高い医師をご紹介しています。

全切開を受けたいけれど医師選びに悩んでいるという方は、当相談所にご気軽にご相談ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*