目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

Z法(目頭切開)のアフターケアでやるべきこととは

目元を大きく見せたいという人はたくさんいて、そのために手術を受ける人はたくさんいます。目頭を切開して目の幅を広げて、モデルのように大きな目を目指す人もいます。
目頭を広げる方法にもいくつか種類があり、三日月法、Z法(目頭切開)、W法(目頭切開)などがあります。三日月法は目頭の部分に、縦方向にメスを入れて切開してから縫合することで、目元を広げます。Z法(目頭切開)の部分をZの形に切開し、皮膚の山となっている部分の上下を入れ換えて縫合して目元を広げます。W法(目頭切開)では、目頭をWの真ん中の山が目頭の方向を向くように切開します。そしてその山形の皮膚で、蒙古ひだ部分を巻き込むことで目頭を広げていきます。
いずれの方法も一長一短がありますが、基本的には似たような方法なので、アフターケアに差はほとんどありません。その方法の特徴から、術後の経過が若干違うことがありますが、どの方法も似たようん経過をたどると言えます。

Z法(目頭切開)のアフターケア

2週間から4週間程度のダウンタイム

Z法(目頭切開)のでは2週間から4週間程度のダウンタイムがあります。その間アフターケアをしっかり行い、早く傷を治して、安定させられるようにしましょう。
まず手術当日の場合、お風呂は控えるようにしましょう。軽いシャワーを浴びる程度に控え、顔の洗顔も避けるようにしましょう。次の日からは通常通りお風呂に入っても大丈夫です。日常生活についても、手術の次の日から普通に過ごすことはできます。しかし、激しい運動は1週間ほど避け、その後徐々に行うようにして下さい。アルコールも血行が良くなって、傷口が開いたり、痛みが増えるので、最初のうちは控えましょう。縫合したいとは1週間ほどで抜糸することができます。その間どうしても気になる人は、簡単なメイクなら行っても問題ありませんが、なるべく行わないようにして下さい。糸が取れたら通常のアイメイクを行っても構いません。またコンタクトについても手術当日から行えますが、違和感がある場合はすぐに中止しましょう。
これらはZ法(目頭切開)だけでなく、他の目頭切開手術を受けた場合にも当てはまります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*