目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

Z法(目頭切開)の効果性に関するまとめ3つ

東洋人に目頭を見てみると、蒙古ひだと呼ばれる部分があることがあります。これは西洋人には見られず、この蒙古ひだがあることで、目が小さく見えてしまうというデメリットがあります。そこでこの部分を切開して切り取ってしまう方法が整形手術としてあります。

大きな変化をつけたい場合にはW法(目頭切開)が選択されます。この方法は蒙古ひだを切り取ってしまうため、大きく華やかな目元を作りたい場合に行われます。完全に切り取ってしまうために戻ることはなく、まれにパンチで切り取ったような丸い目頭になることがあります。

Z法(目頭切開)の効果

一方Z法(目頭切開)はW法ほどの大きな変化は望めませんが、デザインの自由度を上げる効果が期待できます。Z法(目頭切開)の一番のメリットは目頭がパンチで穴を開けたように丸くならず、とがったデザインで残すことができるということです。これならば自然な仕上がりで目頭を作り上げることができ、不自然さを残すことはありません。

モデルやタレントも受けている治療法

美容整形の中でも、人気がある目の施術は、二重にするプチ整形が有名ですが、目頭にある蒙古ひだを切除することで、目を大きく見せたり、目と目が離れている印象を緩和したりすることができるZ法(目頭切開)も人気が高まってきています。不自然に見せないために一部を残して切開するなど、その人の目の形や希望に合わせてデザインすることができるようになってきており、最近はモデルやタレントの人でもZ法(目頭切開)を受ける人が増えてきています。

Z法(目頭切開)の効果

術後もある程度は修正することが可能

Z法(目頭切開)は蒙古ひだの切り取る幅を調整しやすく、傷跡もあまり目立たなくすることができます。W法と違い蒙古ひだを完全に除去するわけではないので、傷の治りを早くする効果もあります。術後1週間ぐらいは糸が残ったままですが、1週間ほどで抜糸を行えるようになり、アイメイクも行えるようになります。また、W法では完全に蒙古ひだがなくなるので、修正手術を行うのは難しいですが、Z法(目頭切開)では完全に除去するわけではなく、少し蒙古ひだが残っています。

そのため、完全にとまではいきませんが、術後もある程度は修正することが可能です。また、最近要望の多い目頭の形として、斜め下方向に伸ばしてほしいという方が多くいます。このような形にする場合もZ法(目頭切開)が最も適しており、自由にデザインすることができます。目元の印象はほんの少しの違いでかなり変わってきます。そのため自由度の高い方法で手術をするのが効果的と言えます。

効果性

目が細くて暗い印象に見えてしまったり、クールな雰囲気になってしまったりする人の中には、ぱっちりとしたかわいらしい目元やモデルやタレントのように印象的な目元にあこがれて、自分の目にコンプレックスがある人は多く、美容整形の中でも相談や施術数が多く、人気のある部位です。二重にしてぱっちりとさせる方法が有名ですが、目頭を切開して、東洋人の特徴と言われる蒙古ひだを切除することで目を大きく見せたり、目と目の間隔を狭く見せる効果があるZ法(目頭切開)も効果的です。

口コミで選ぶ!目頭切開の評判が良い美容外科とクリニックをご紹介

当相談所では、口コミで人気が高い美容外科クリニックをご紹介しておりますが、症例写真としては、自然だけれどもぱっちりとしていて瞳が大きく見える二重瞼、モデルようなきれいな目に憧れている人がこの手術の希望者として人気です。

ぱっちりとアイメイクが映える目にする人が多いため、目頭切開に対応しているクリニックが多く、人気のクリニックでは術後のデザインを詳細に相談することができます。目頭切開には、Z法やW法、リドレープ法などの種類があるため、カウンセリングを受けて手術の方法やメリット、デメリットなどについての説明を聞いたり、症例写真を見せてもらったりしてから、手術の方法を選ぶとよいでしょう。

 

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*