目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

Z法(目頭切開)のリスクとして考えられるのはどんなこと?

女性に方はたくさんの人が目を大きく見せたい、華やかでくっきりとした目にしたいと思い、モデルや芸能人のようになりたい位と思う人が沢山います。そこで二重手術と並んで多くの人が受ける手術として、Z法(目頭切開)というものがあります。これは目頭にある蒙古ひだをうまく処理することで、目頭部分を大きくする方法です。
目頭にメスを入れて目を大きくする方法で、最も多くの病院で行われているのは三日月法という方法です。この方法は蒙古ひだの部分に縦方向にメスを入れて切り、再度縫合することで蒙古ひだを内側へ寄せていきます。簡単にできて手術も難しくないため、失敗するリスクが少ないです。しかし、人間の体には元に戻ろうとする力が働くため、人によってはすぐに元のように戻ってしまう人もいます。そのような事態を回避するために作られた術式が、Z法(目頭切開)という方法です。この方法では、三日月法のようにもとに戻ることはほとんどなく、目頭の開き方もあるていど自由にデザインすることができるのでポピュラーな方法になりつつあります。

Z法(目頭切開)のリスク

術後もとに戻ってしまうリスクを避けるために開発

Z法(目頭切開)は、三日月法のように術後もとに戻ってしまうリスクを避けるために開発されて方法だと言いました。しかし、この方法でも若干ですが、もとに戻ってしまうリスクはあります。Z法(目頭切開)は目頭の部分をZの字のようにメスで切開し、山形になった皮膚の部分の上下を入れ替えることで蒙古ひだをなくす手術です。この方法は内側のやや下方向に目頭を広げるのに有効な方法で、他の方法ではうまくいきません。自由にデザインできるといいましたが、ある程度患者本来の目の形に依存することが多く、手術前後でそれほど変化が感じられないということもあります。逆に言うとそれほどナチュラルな整形が行えるということでもあります。
また術後は切開した部分に縫合の糸が残っているので、その間は目元が腫れたり内出血をしていたりして、そのような状態がみられるのが嫌という人もいます。その場合には、腫れや内出血が治まるまでの間は休む必要があります。個人差もありますが、だいたい1週間でこれらの症状は治まることが普通です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*