目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

Z法(目頭切開)の失敗でよくある4つの問題

Z法(目頭切開)を行えば、東洋人に多く見られる蒙古襞を解消することができます。蒙古襞が取り除かれることで、大きくパッチリとした目を作り出すことが可能です。また、蒙古襞部分にめり込んでしまった二重まぶたのラインを平行にできますので、西洋人のような美しい二重のラインを作り出すにも役立ちます。

Z法(目頭切開)は従来の目頭切開の手術よりも、リスクが少ないメリットを持っています。引きつれる失敗があまりなく、比較的安全に手術を受けやすくなっています。

ですが、Z法(目頭切開)ならば全くリスクを伴わないわけではありません。場合によっては様々な失敗が発生するリスクは普通にあります。

よくある失敗例が、目頭を切りすぎてしまう、効果がほとんどあらわれない、効果は得られたものの、時間の経過とともに効果が薄まってしまう、傷跡が目立つなどがあります。しかし、これらの症状は修正する手段が存在しますので、医療機関に頼るようにしましょう。

Z法(目頭切開)の失敗

Z法(目頭切開)の失敗、後戻りってどういうこと?

Z法で起こり得る失敗例についてまとめたいと思います。

不自然な印象になってしまう

美容整形の中でも、人気がある目の施術は、二重にするプチ整形が有名ですが、目頭にある蒙古ひだを切除することで、目を大きく見せたり、目と目が離れている印象を緩和したりすることができるZ法(目頭切開)も人気が高まってきています。ただしやり過ぎると不自然になってしまいます。

ぎじゅつが高い医師の場合、違和感のあるデザインに見せないために一部蒙古襞を残して切開するなど、その人の目の形や希望に合わせてデザインすることができるようになってきており、最近はモデルやタレントの人でもZ法(目頭切開)を受ける人が増えてきています。

傷跡が目立ちにくい方法でも残ってしまうことがあります

Z法(目頭切開)は傷跡が残りにくい施術ですが、目立つ跡が残ってしまうことがあって、そのほとんどのケースが医師の技術の未熟さによるものです。切開する範囲が少なすぎると変化を感じにくいため、意識しすぎて大きく切ってしまったり、縫合の仕方が雑である場合に多くなります。

雑菌などに傷口が感染して、膿んでしまうと治りが遅くなり傷跡がいつまでも目立つ状態が続いてしまうこともあるため、ケア不足のところだと起きる可能性があります。

後戻りして変化が感じられない仕上がりになることがあります

Z法(目頭切開)は、Z型に切開した皮膚を蒙古襞が少なくなるように入れ替えて縫い合わせ、蒙古襞の内側にはめ込むような形になります。術後は変化した印象があっても、皮膚を大きく切り取っているわけではないためきちんとした縫い合わせが行われていないと、皮膚が伸びて以前と変わらないような後戻りを起こすことがあります。

医師がデザインをしっかりと考えて、縫い合わせる量や位置に配慮しないと起きやすくなる失敗です。

平行二重にならない・末広のままでぱっちりした目元にならず効果が感じられない

Z法(目頭切開)の範囲を狭くしてしまい、蒙古襞部分の変化が小さくなってしまうと綺麗にデザインを形成できないため、平行二重にならない・末広のままの仕上がりになってしまうことがあります。さらには、目頭部分の形まで不自然な状態になることもあるので、慣れている医師に行ってもらうことが大切です。

蒙古襞が幅が広いまま残ってしまうと、目頭部分の二重の始まり位置が下方向からになってしまうため、末広のままに見える傾向が高くなります。

Z法(目頭切開)の失敗

修正でよく用いられるのが逆Z法

目頭を切りすぎてしまうと、寄り目になってしまうという見た目的な失敗が気になるようになります。しかし、Z法(目頭切開)で手術をした場合には他の目頭切開と比較すると、修正がしやすくなっています。修正では逆Z法がよく用いられます。
Z法(目頭切開)の効果がほとんどあらわれないのは、切る部分が十分に足りていなかった場合によく起こります。これはさらに切り込みを深くすることで修正が可能です。しかし、一度メスを入れた部分ですので、切りすぎてしまうリスクがあります。高い技術を持った医師の元で再手術を受けることが重要です。
最初は効果があったのに時間とともに元に戻ってしまうのは、Z法(目頭切開)とは別の手術を選んだ時に発生しやすいものですので、あまり発生しない失敗例だと覚えておきましょう。効果がなかった場合と同様に、再びメスを入れることで修正可能です。
メスを入れると傷跡が残るリスクがつきまといます。これにはレーザーやステロイド注射で、目立たなくすることができます。

おすすめは技術のある症例数を多くこなしている名医に執刀してもらうこと

医師にも色んなタイプがいて、得意分野にも違いがあります。目に対するアプローチでも、ほかの施術法しか行ったことが無い場合もあります。経験が少ないと個々の目の状態に合わせて行うことが難しいため、成功させたいときには、Z法(目頭切開)の名医に行ってもらうことが大切です。

当相談所では、おすすめの名医をご紹介することができます。施術を希望していたり興味のある人は遠慮なくお問い合わせください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*