目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

Z法(目頭切開)で修正が必要なときは

目元を大きく見せるために、目頭の切開を行って幅を広げるのはとても有効な方法です。特にZ法(目頭切開)は、最近は流行っている目の内側下方向へ目を大きく見せることができるために、とても人気のある方法です。
Z法(目頭切開)とともに人気のある方法でW法という方法もあります。この方法は目頭の部分にWの真ん中の山を、目じりのほうに向けて切開する手術です。この方法では目頭部分にある蒙古ひだを大きく切り取って押さえつけてしまうため、術前のような状態に戻ってしまう後戻りが起きないのが特徴です。しかし反対に考えると、万が一気に入らなかったり、イメージと違うものが完成したときの修正が効かないことを意味しています。そのため手術を行うためには入念なカウンセリングが必要です。
Z法(目頭切開)もW法ほどではないですが、後戻りが起きにくいのが特徴の手術ですので、しっかりとイメージを膨らませておき、医師とのカウンセリングをしっかり行う必要があります。

Z法(目頭切開)の修正

修正には最低3週間は時間を空けることが必要

Z法(目頭切開)は目頭部分をZの文字のように切り開き、山形の皮膚の部分の上下を入れ替えて縫合する手術です。この方法だと、目の内側下方向への切り込みを入れやすいのです。W法とは違い、そこまで大きく蒙古ひだを切っていないこと、目頭を抑え込むような縫合を行っていないので、ある程度修正を行うことができます。縫合した部分を再度戻して、もとのように戻す手術です。しかし縫合の際に余って切り取った皮膚はもとには戻りませんし、完全に手術前のようになることはありません。
Z法(目頭切開)にかぎらず、目頭を切開する手術を受けた場合、修正を行うために同様の手術を受けるにしても、最低3週間は時間を空ける必要があります。またダウンタイムが長引いてしまっている間は、再手術を受けることはできません。
このように完全に元に戻すことは難しいので、手術の前に医師とのカウンセリングwお入念に行って、自分の持つイメージと、医師の持つイメージを一致させておく必要があります。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*