目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

目の整形でカタチを綺麗に整えるコツ

目の整形 カタチ 美容整形・手術・治療

目の美容整形で効果、仕上がりとして気になるのがカタチです。目の治療は埋没法、部分切開(ミニ) 、全切開、脱脂、目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂、瞼のたるみ取り、下眼瞼脱脂(クマ整形)、ハムラ法、垂れ目形成、眉下切開、脂肪注入などの様々な方法があります。

トラブルを回避するためには名医を選ぶ必要があります。

例えば、二重瞼の整形でも出来る限り左右差無く綺麗なカタチで効果が出せるよう、そしてトラブルが出ない様に考慮して治療出来る名医を選択する必要があります。

この部分はシュミレーションなどをする事でカウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

雑なカウンセリングのクリニックでは失敗してしまいますので注意が必要です。

目・二重まぶたの整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。
ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

目の整形でカタチを綺麗に整えるコツ

目の整形 カタチ 失敗・修正・再手術

目の整形においてカタチで失敗してしまう事はよくあります。希望しているデザインをドクターが上手くくみ取ってくれなかったり、ドクターに理想を叶えるだけの技術が無かったりする場合にあり得るのです。

二重形成を失敗してしまうと修正・再手術を難しくしますので、初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

目の整形 カタチ 症例写真

症例画像①

目の整形 カタチ 効果・仕上がり・アフターケア

目・二重まぶたの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
二重幅の左右差・傷跡・バレバレのラインなどによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

ダウンタイムとしては本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
その期間は腫れ・むくみ・傷跡の赤みが強いので、メガネをかけるなどして外出される方が多いです。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

島崎遥香(akb48)と同じ目になれる整形

島崎遥香(akb48)は透明感がって柔らかな笑顔が似合う自然な奥二重、あるいは女性として魅力的な愛らしさのある幅が狭めだけどパッチリした二重などにすることで同じような目元を形成することが可能ですが、用いることができる術式には埋没法やミニ切開法、全切開法などがありますし、まぶたが垂れ下がって来てしまっている人はたるみをとったり、脂肪を抜き取ることですっきりと見せる術式などがあるため、理想の目に近付けるためにはよく相談することがポイントとなります。

すっぴんでも島崎遥香(akb48)にするためには、笑顔になったときに愛らしさを倍増してくれる涙袋の形成も行うと良いです。幼いような顔にしたいときにも有効性があって、ヒアルロン酸の注入できれいに形成できるので、時間がかからず数分で施術が終わります。

目がつり上がっているような状態のときには二重形成と同時に垂れ下がらせるように調節することも可能であるため、デザインを決めるときに希望を行うと良いです。

未熟な医師は二重の形成が下手できれいなラインを形成できなかったり、無駄に幅広くしてしまう場合や、パッチリとして見えない状態で施術したことが意味がない状態に仕上げてしまうことがあるので、スペシャリストである名医による施術を受けることが大切です。

涙袋もヒアルロン酸の注入する量や場所を間違ってしまうと、たるみのように見えてクマができた人のような印象にされる場合があるため、簡単にできるプチ整形であっても技術の高い医師のもとで受けたほうが安心できます。

すっぴんでも満足できる状態に仕上げてもらうために、当相談所では島崎遥香(akb48)に近付けるために尽力してくれる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

目の整形 カタチ トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

目・二重まぶたの整形にはトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。目・二重まぶたの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、メガネなどで目元を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

目の整形 カタチ お悩み・まとめ

目・二重まぶたの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

目・二重まぶたの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*