目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

ドールチークのアフターケアってどんな内容?

頬の部分がフラットなフェイスラインの女性は若い世代から年配の方まで幅広くいらっしゃいますが、頬のふっくら感がないとどうしても老けた印象を相手に与えてしまう恐れがあり若々しいフェイスラインになりたいが、セルフケアではどうにもならないと悩まれている方は少なくありません。
そこで注目されているのが美容外科クリニックなどで受けることが出来るドールチークの施術です。ドールチークとはその名前の通り人形のような頬になる治療方法で、ヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンプロテーゼを挿入することによって自分の希望するふっくらとした頬を手に入れることが出来るようになるメリットがあります。
ただヒアルロン酸注入とは違って、脂肪注入やシリコンプロテーゼを挿入する場合肌への負担が増えてしまう恐れがあり、ダウンタイムに肌の腫れや内出血などが長引く場合があるので、症状が長く続く場合には早めにクリニックでアフターケアを受けることが大切になります。

ドールチークのアフターケア

普段通りの生活をおくることが出来るメリット

ドールチークは自分好みの丸みのある若々しいフェイスラインを簡単に手に入れることが出来る美容施術として多くの女性に支持されています。特にヒアルロン酸注入を行う場合は極細針で直接肌内部に注入するので、内出血が起こりにくくダウンタイムもほとんどないので、特にアフターケアをせずとも普段通りの生活をおくることが出来るメリットがありますので、気軽に行える美容施術として初心者にも人気になってきています。
ただヒアルロン酸は時間と共に体内に吸収されてしまうので、長く持っても1~2年程度で元の状態に戻ってしまいます。半永久的にドールチークを維持したいのであれば、自分の太股や腹部の脂肪を注入する方法か、シリコンプロテーゼを頬に挿入する方法を利用する場合が人気になってきています。ただヒアルロン酸注入に比べて時間がかかるため、患部の腫れや内出血による変色など、長い期間続く可能性がありますので注意をする必要がありますし、施術を受けた日は血行を良くしないためにも過度な運動やお風呂に入るのは止めるなど自宅でおとなしくしておくことも大切です。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*