目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

ドールチークのリスクをしっかりと理解してから受けよう

ドールチーク(頬形成)とは、目の下部分のふっくらさせる施術法です。
立体感が出ることにより、お人形さんのような可愛らしい印象になり、顔が引き締まって見えます。
頬骨が目立つ方は、この施術方法で頬骨をカバーすることができ、若々しい印象にすることができます。
術式は、脂肪注入やヒアルロン酸注入、プロテーゼを入れる方法があります。
頬がこけて見える方や、ふっくらとした頬が欲しい方、顔に立体感が欲しい方など、様々なコンプレックスを解消することができます。
ドールチーク(頬形成)をしたい場合、紹介した3つほどの術式から選びますが、選んだ術式によって手術方法や持続効果が変わっていきます。もちろんメリット、デメリットやリスクも変わってきます。
日本人というと、海外の方に比べ顔に立体感がありません。
顔に立体感を出し、メリハリのある印象に見せるため、ドールチーク(頬形成)を考える方に、手術に踏み込む前にリスクをきちんと理解しておきましょう。

ドールチークのリスク

手術方法と持続効果

ドールチーク(頬形成)を考えている方に、術式を3つほど紹介しましたが、それぞれの手術方法と持続効果を紹介します。
まずは脂肪注入です。これはお腹や太ももから脂肪を吸引して、その脂肪を頬に注入する方法です。
頬に注入するものが自己組織のためアレルギーの心配もなく、定着した脂肪は半永久的に効果を持続することができます。しかし、施術後の腫れや内出血が出やすく、仕上がりの予想がつかないというリスクがあります。
続いてヒアルロン酸注入です。この方法は最も手軽で、内出血なども少なく約15分程度の手術時間で終わるようです。
さらに、微調整がしやすく仕上がりの予想がしやすいということがメリットですが、持続効果は1年から2年ほどになります。最後に、プロテーゼを挿入する方法です。こちらは頬専用のプロテーゼを頬骨の骨膜下に挿入する方法です。
こちらの方法は、半永久的な効果を持続することができます。
ドールチーク(頬形成)を考えいる方は、手術のリスクをしっかりと理解した上で手術を受けましょう。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*