目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

クマ取り整形を受けるデメリット3つを分析中

クマ取り整形の方法はいくつかあり、その中のひとつとしてまず挙げられるのが下眼瞼脱脂法です。

この手術は加齢によりでてしまう下まぶたのたるみや膨らみ、目の下のくまなどを解消させる手術です。

また目の下のクマ取り整形としては、ヒアルロン酸やレディエッセのフィラー注入、脂肪注入、下眼瞼切開ハラム法があります。

このような手術を行った場合のデメリットは、脂肪を多くとりすぎてしまい、凹んだように見えてしまうことがあります。

また表面側からの手術になると傷跡が残ってしまう、眼球内に皮下出血のでる可能性があるなどがデメリットとして挙げられます。

クマ取り整形は顔の近くの手術なので、他の箇所と異なりダウンタイム期間中に隠しにくく、失敗すると不自然さが目立ってしまいます。

修正できるかどうかも状態によって異なってくる場合があるので、手術を受ける前はデメリットやリスクがあることをきちんと理解しておくことが求められます。

このようなリスクについて説明を行わないクリニックもあるので注意が必要です。

クマ取り整形のデメリット

下眼瞼脱脂法が評判の美容外科は?

目の下のふくらみがあると疲れているように見えたり、加齢で垂れ下がってきて来ているような印象を与えてしまうことがあります。

ふくらみが脂肪によるものであれば、下眼瞼脱脂法を行うことで解決に向かうことができます。

下まぶたの裏側、結膜側から切開してアプローチを行います。脂肪を多くとるべきか少ない方が良いかは医師の経験による判断が重要になるため、実績がある医師に担当してもらうことは外せない条件です。

左右差もありますから、それぞれにバランスを見ながら対応してもらう必要があります。

手術後は、腫れや内出血を抑えるための圧迫固定が必要になることがあります。

痛み止めや化膿止め、目薬なども処方されますから、医師の指示通りに服用や点眼を行っていきます。

抜糸は5日から1週間後に行われ、メイクも普通にできるようになります。

慣れていない医師が行うと綺麗にふくらみを解消できなかったり、取りすぎてへこみができてしまうことがあります。

不要な皮膚のたるみを放置してしまうと老けた印象を解決することができませんから、適切な対応ができる優れた医師に担当してもらうことが不可欠です。

結膜側を切開した際に、眼球を傷つけてしまう可能性や縫合が下手なせいで、抜糸後も目がゴロゴロとして違和感が残るといった失敗もあります。

クマ取り整形におけるデメリット

またクマ取り整形のデメリットとして、目の開きの左右差や二重幅の左右差、眉毛の左右差などの違いが出てしまったパターンや感染症、まぶたが閉じない、目の開きが足りない、腫れぼったい、しびれなどが挙げられます。

腫れぼったかったり、内出血を起こしている場合は通常よりもダウンタイム期間が長くなるものの、日にちがたてば元に戻る場合がほとんどです。

すぐに失敗と決めつけずにダウンタイム期間は様子を見るのもひとつの方法だと考えられます。

しかししびれや左右差、感染症はそのままにしておくと余計に悪化してしまう場合があります。

脂肪を取りすぎたことで凹んでしまい老けてみられたり、逆に脂肪があまりとれていなかったため変化が見られなかったという失敗もあります。

クマ取り整形は肌をきれいに見せてアンチエイジングの効果がある一方で、目に近いところの手術であり、多くのデメリットがおきる可能性もあります。

様子を見た方がよい場合もありますが、異変を感じたら悪化する前に手術したクリニックに相談しましょう。

また腫れや内出血が長引くなら病院へ。

まずは詳しくクマ取り整形のデメリットを知っておきましょう。

整形したのに効果や変化を感じない

クマにはいくつかの種類があります。種類によって治療法が変わるのですが、誤った診断をしたために、せっかくクマ取り整形したにもかかわらず、まったく効果・変化がないことがあります。

もしも、どれくらい時間が経つと効果が出てくると言われたのに、しばらく経っても全く効果、変化が出てこない場合は、医師の判断ミスしたかもしれません。他の治療法を試すことで、クマを取ることができるでしょう。

クマ・たるみが取れないことはあるのか

実際に、クマ取り整形をしたのに、くま・たるみが取れないこともあります。下まぶたにたるみがある場合、たるみを取ればクマも改善されますが、必ずしも改善されるとは限りません。

出っ張っているところの余分な脂肪を取っても、くぼんでいるところがあれば、そこがクマとなります。

また、脂肪をバランスよく取れなかったことで、たるみが解消されないこともあります。だから、デメリットがあることを頭に入れてから治療してください。

腫れや内出血が長引くのはおかしい

余分な下まぶたの脂肪を取り除いた時は、腫れや内出血が起こることがあります。これは、医師の技量にもよります。

たとえ、腫れや内出血が起こってもしばらくすれば引くはずですが、もしも、長引いた場合は脂肪を取り過ぎたなどを疑ったほうが良いです。また、誤った診断をされた可能性も否定できません。あまりにも腫れや内出血が長引いていると感じたら、手術に失敗したのではないかと疑ったほうが良いでしょう。

おすすめの美容外科をご紹介します

クマ取り整形のデメリットはいくつか考えられますが、良い美容外科の良い医師に手術してもらえれば、特に問題はありません。

すでに、美容外科を選ぶ段階で手術がうまくいくかどうかが決まると言っても良いでしょう。自分で探すのも良いですが、どうやって探せば良いかわからない人もいるはずです。

当相談所では、クマ取り整形で定評のある美容外科をおすすめ していますので、興味のある方は、お気軽にご相談ください。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*