目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

フォーエバー二重術のデメリットとして考えられるポイント

フォーエバー二重術はメスを一切使用しない、プチ整形の1つです。
一重まぶたや奥二重を、二重まぶたにする効果があります。
同じく、メスを使わず二重まぶたを形成できるプチ整形として、埋没法という施術法もありますが、フォーエバー二重術は糸を固定する方法などを変え、埋没法より二重のラインが取れにくくなっています。
皮膚を切開・縫合する手術を必要としないので、施術後の腫れや痛み、内出血は比較的短い点がメリットです。
顔にメスを入れる事に抵抗を感じるという方には、ぴったりな施術法と言えるでしょう。
また、メスを使う美容整形よりも費用は多少、リーズナブルとなるケースが多いようです。
気軽に始められるプチ整形という事もあり、フォーエバー二重術は若い世代だけでなく、幅広い年代の方が施術を受けています。
しかし、やはり皮膚を切って二重を作っている訳では無い為、まぶたの状態や時間の経過と共に、二重のラインが無くなってしまう点はデメリットです。

フォーエバー二重術のデメリット

手軽に受けられるプチ整形で人気

フォーエバー二重術は皮膚を切らずに、二重ラインを作り出すプチ整形の1つです。
手軽に受けられるプチ整形という事もあり、人気となっています。
しかし、メスを使わないからといって、デメリットが無いという事ではありません。
医師の技術によって、仕上がりには大きな差が生じてしまいます。
まぶたの脂肪などを見極めずに施術を行うと、時間の経過と共に糸が外れてしまい、二重のラインが消えてしまうケースがあるのです。
また、まぶたの皮膚を止めていたはずの糸の結び目が見えてしまったり、糸が結膜部分に出てしまう事例もあります。
このようなデメリットは、医師の技術次第で発生するリスクを減らせます。
フォーエバー二重術を受ける際は、熟練した技術を持つ医師を選ぶ事が、このようなデメリットのリスクを下げる事に繋がるのです。
せっかく施術を受けるのであれば、医師選びは慎重に行いましょう。
当相談所ではフォーエバー二重術の名医と言われる医師を、ご紹介しているのでご気軽にご相談ください。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*