目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

逆Z法(目頭切開修正)のメリットはどんなところ?

逆Z法(目頭切開修正)は、目頭切開で失敗してしまったときにZ法と逆のことを行い修正するやり方で、比較的行いやすいメリットがあります。

目頭を切りすぎると目と目の幅が近く感じすぎてしまったり、目頭の形がおかしいことがあったり、目が大きく見えすぎる、二重のライン幅が目頭のほうだけおかしくなるなど、明らかに医師の技術不足が原因で起きます。きれいに出来ていたとしても、患者本人が不満を感じたり元に戻したい、傷痕が気になる場合などにも逆Z法(目頭切開修正)にて納得できる状態を目指せる可能性があります。

一度失敗したところで再手術を受けたくない人は、他のクリニックの修正を請け負ってくれる医師がいるところで行ってもらう必要があり、手術を受ける前には修正であってもカウンセリングを受けたり、検査なども必要になることがあります。再び失敗してしまうことがないように、逆Z法(目頭切開修正)に慣れている医師による手術を希望して受けるべきです。

逆Z法(目頭切開修正)のメリット

メリットは行える医師の数が多いこと

逆Z法(目頭切開修正)のメリットは行える医師の数が多いこともあげられますが、先の手術の状況により癒着が発生していたり、傷痕の治りが遅い場合、大きく目頭の皮膚が切り取られている場合など難症例になってくると手術できる医師の数が少なくなってきます。もともと修正は技術を必要とするもので、傷痕を目立たせず自然な目頭に回復させるためにはテクニックに左右され、慣れていない医師が行うと再び後悔することになりかねません。何度も失敗すると精神的な負担もひどくなるため、逆Z法(目頭切開修正)の技術に優れた名医に行ってもらうべきです。

失敗している部分の修正にもシミュレーションは欠かせず、納得できるデザインにしてもらえるよう、気に入らない場合には何度も話し合って目頭の形を決めるようにします。逆Z法(目頭切開修正)の名医に行ってもらえば後遺症が残るリスクも避けられる可能性が高くなります。相談所にて名医のご紹介ができますから、ご連絡をお待ちしています。

失敗しないための目の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*