目の美容整形の名医|失敗・修正・効果
目の美容整形の名医|失敗・修正・効果

上端瞼板固定法の名医といえるお医者さんとは?

まぶたが腫れぼったい、細い目を大きな目にしたいなど、様々な目の悩みを持っている女性は多いです。
若い人の中には、テープや二重接着剤を使ってまぶたを二重にする人もいます。
しかし、テープや二重接着剤を使い続けていると、まぶたの炎症や老化など、様々な症状が出てくるケースも多いです。
二重まぶたも一重まぶたも生まれつきのものなので、二重まぶたにしたい人は、埋没法などを使って二重にする人が多いです。
埋没法とは、メスを使わないで二重のラインを作ることができる方法です。
まぶたの裏から、針で極細の医療用の糸を通して、糸の輪を作ります。
糸の輪がまぶたに二重のラインを作り、まぶたの中に埋め込むことによって、自然なラインが完成します。
埋没法は、皮膚をメスで切開しないので、腫れも少なく、しかも二重の幅を変更することができます。
ただ、糸は取れたり、ゆるむことがあるので、永久的な治療ではありません。
埋没法には、上端瞼板固定法などの方法があります。
最近は、上端瞼板固定法を行っている名医がいるクリニックも増えています。

上端瞼板固定法の名医

埋没法の中でも人気

埋没法の中でも人気がある上端瞼板固定法は、瞼板固定法と挙筋法の間に位置する施術方法で、安全な施術方法として知られています。
瞼板固定法は、一般的な埋没法で、瞼板に糸をかける方法です。
しかし、糸が出て角膜を傷つける危険もあります。
挙筋法は、瞼板に固定せず、眼瞼挙筋に糸をかけます。
ラインがはっきりと出るものの、腫れが強く出ることもあります。
上端瞼板固定法は、瞼板固定法と挙筋法の利点を持っているので、人気が高いです。
また、挙筋法と比べると、瞼板の組織に固定できて戻りにくいというメリットがあります。
瞼板固定法に比べると、まぶたの裏側に糸が出ることがないので、角膜障害などの心配がないことも魅力のひとつです。
手術後の出血や腫れが少ないため、仕事を持っている人でも、早く仕事に戻ることができます。
名医と呼ばれる医師は、様々な症例に精通しています。
簡単な施術といっても、リスクはあります。
ですから、施術を受ける場合は、名医のいるクリニックで施術を受けた方が安全です。

クリニック選び

この美容整形手術が行える美容外科クリニックは限られてしまっています。目元の美容整形手術が得意なところでないと行うことが出来ません。受けるのであれば、症例数が多く、カウンセリングも丁寧に行うクリニック、そして口コミなどの評判も良いクリニックを探しましょう。いくつかのクリニックのカウンセリングを受けて比較することも賢い方法です。

目の整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
名医相談所は美容整形の失敗を1人でも無くすために、全力でご相談に日々当たっております。名医のご紹介希望の方はお気軽にご連絡ください。日本全国ご希望のエリアで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*